ソウルの隣で・・・^^

ayamama2.exblog.jp
ブログトップ

レンタル生活

私は今まで、というか、韓国に来てから、ほとんどレンタルで映画を見た事がありません。
映画はやっぱり映画館で、という理想があるのと、レンタル始めると止まらない、という危惧があったからです。
映画館で終わってしまった映画は、TVで沢山放映しているので、それを見るのがほとんどです。ま、自分が見たい映画を常に放映してくれる訳じゃありませんし、番組表をチェックなんていうマメな事もしていませんから、行き当たりばったりなんですけど......。

ところが私の人生を、大きく変える出来事がありました。(笑)
Nさんとの出会いです。
Nさんは「パリ恋」時代のPSファン仲間で、今は立派な韓国映画ブログを持っていらっしゃる、韓国映画の権威です(笑)
先日、彼女が初めて韓国に旅行に来た時に会って色々話したのですが、その時、私がまだ「家族」を見ていない事を知った彼女は「絶対見なきゃだめよ~。あのオムテウンの切ない目が良いのよ~」と、私を誘惑。

そこで、清水の舞台から飛び降りたつもりで、とうとうレンタル屋へ(笑)
レンタル屋の表には、私が見そびれた「愛を逃がす」や「喧嘩の技術」などのポスターが貼ってあり、この先が思いやられる、と思いつつ中に入りました(苦笑)
韓国のレンタルショップは、最近は映画DVDと言うよりもは、漫画の本が主なんです。店の規模も小さいですし、日本のような大きいレンタルショップはありません。
映画のビデオとDVDのコーナーは本当に小さくて、この分だとあっという間に全部制覇してしまいそうだ、と思いました(笑)
ビデオだと傷があるので、DVD旧作、2泊3日で1500Wでした。
映画館で2500Wで映画を見ている身には、ちょっと割高感ありなんですけど、こんなもんでしょうかねえ?

さあて、次は何を見ようかなあ?(笑)
[PR]
by ayamama-de2 | 2006-03-23 15:42 | 映画