ソウルの隣で・・・^^

ayamama2.exblog.jp
ブログトップ

To Love Again

今朝方うつらうつらしている時に、突然思い出したメロディーが、ショパンのノクターンをアレンジしたこの曲で、映画の「愛情物語」だ~と慌てて起きて検索しました(笑)




この曲、実家の父が好きだったようで、当時TVで放送した映画の音楽の部分をテープに録音して、それを良く寝る前に流してました。だから、せりふ入りで聞いてました(^^)
久し振りにこの曲を聴いたら、ラストの部分でウルウル。
映画のストーリーは正直、あんまり良く覚えていないのですが、疎遠になった息子との愛情を取り戻したとたん最後は死んじゃうんですよね、たしか。

昔の真面目な大人の恋愛映画って言うのは品がありましたね。
特に、この映画はおしゃれな音楽もあってロマンチックだったような・・・・・(でもちゃんと覚えてないー苦笑)

男の人が書いた恋愛小説を読みたいと思う今日この頃・・・・
なぜかって言うと、女よりも絶対男の方がロマンチストじゃないかと思うので・・・・(笑)
[PR]
# by ayamama-de2 | 2009-05-23 21:12 | 音楽

インフル、インフル、インフル

とうとう新型インフルエンザが日本で流行り始めてしまいましたね。
患者発生は日本よりも韓国の方が早かったんですけど、今の所韓国内では落ち着いているみたいです。

以前から何度か書いているのですが、韓国で普通のインフルエンザでさえ、ほとんど流行らないんです。
少なくとも、私が来てから私の回りで流行った事はありません。
それは、冬場の一番流行する時期が冬休み中だからなのか、加湿器を使うのが当たり前だからなのか、オンドルで家の中の室温の温度差があまりないのからなのかは不明です。
衛生感覚は韓国人よりも日本人の方が高いと思うんですけど、何で日本はインフルエンザに弱いんですかねえ?
オットに聞いたら、韓国人はキムチとにんにくを食べるからだと科学的根拠の証明されて無い事を言っていました。
でも、ちょっと前に中国でSARSが流行った時にも、韓国人はキムチとにんにくを食べるから大丈夫だとか言って、キムチが中国で沢山食べられたとか、そんなニュースを聞いたような・・・・・

とにかく、今回の新型は幸い死亡率の低いもののようですけど、これから先変異して、ウィルスが強くなってしまったら大変ですよねえ。
日本のニュースを見ていると、日本政府も行政も考えられる事はがんばってやっているように思えるんですけど、なんて言うか、最近日本って国、あんまり信用できないって言うか・・・・。
政府も問題がないとは言えませんが、国民性の方もだいぶ変わりましたよね。
昭和も遠くなったって事なんでしょうか・・・・・

皆様もお気を付け下さいね。


さて、私は一応今年の夏にまた日本に行こうかと思っているんですが、なんとなく心配です。
でも確か、インフルエンザには季節がありましたよね。
湿度が上がる季節には流行らないって言いませんでしたっけ?

その頃にはある程度落ち着いている事を願いたいです。
[PR]
# by ayamama-de2 | 2009-05-20 12:04 | 生活

正気に戻ったら負けだ!

どうも~~。

あの、実は、今小説書いてます(大笑い)
今までは読むの専門だったんですけど、最近ネット上にあるアニメや漫画などの二次創作サイトに嵌ってまして、面白いなあ、次が気になるなあ、って言う作品の、皆様の妄想小説を楽しませてもらってます。

いやあ、世の中には才能のある方が多いんですねえ。
文章力はもちろんなんですけど、発想が面白い人の小説は本当に読み応えがあります。
私はショートショートよりも長編小説が好きで、下手なプロの小説よりもよっぽど面白い作品も多いです。

で・・・・・、ある日そう言う二次小説を読みながら、私ならこういう風に展開させるなあ、って思った作品があありまして、頭の中でその話を整理したら、結構きちんと構成が出来たんですよ。
そこまで考えたら、書いてみたいな、と思い始めまして・・・。
だって、ちゃんと構成できたのにもったいないじゃないですか。

そこで、二次小説の二次、つまり三次小説ですかねえ、それを書いてみたんですよ。
3~4日掛かったかなあ、30ページ近い作品だったんですけど、最後まで自分で書いてみて、それが結構読めるんでですよねえ。
ある程度頭の中でまとまってますので、それをただ文章にするだけなんで、思ったよりも難しくなかったんです。
あれ?私って結構書ける?なんて思っちゃいました。
こういうブログの記事を書くよりもは、はっきり言って書きやすいような気がします。
ブログの記事って、結構勢いで書いちゃうことも多いし、事前にまとまった構成がある訳じゃありませんしねえ・・・・・。
結局その処女作は、どこにも公表する事なく、その後PCが壊れてウィンドウズを再インストールした際に消えちゃったんですけどね。

それでですねえ、もう書かなくてもいいや、と思っていたんですけど、またまた嵌ったストーリーがありましてねえ、その素材自体は公式のストーリーがあってないようなものなので、結構自由に弄れるんですよね。
それで、一番ありがちなストーリーを考え始めたらこれが結構いけるな、と自分で思ってしまいましてねえ。で、また書き始めちゃってるんですよ。馬鹿だねえ・・・・

ところで、書き始めてちょっと行き詰ったりすると、ふっと正気に戻りそうになるんです。
「何書いてるんだ自分。何考えてるんだ自分」って。
そう考えたら終わりですね(笑)

世の中にはたくさんの小説家や漫画家など、いわゆるクリエイターって方がたくさんいますが、そう言う人たちは絶対、行っちゃってる人たちじゃないかと思うんです。
逆に、行っちゃってないと創れないと思うんですよね。
自分で小説書いていて思いました。

ありえっこないジャンこんな設定。こんなせりふ恥ずかしいだろ。このシチュエーションはないんじゃない?

そう思ったら負けです(笑)

私の場合は、とりあえず今の所は誰かに読ませるって言うものじゃないので、それこそ自分が納得できればそれで良いんで、とにかく自分が楽しければいい訳です。
だから、自分が正気に戻らないように必死で戦っている所です(大笑)

しかし、自分で書いてみると小説家って言う人たちの気持ちがちょっぴり分りますねえ。
もちろん、大作家さんの気持ちが分るなどと大それたことは言いませんが、多かれ少なかれ、何かを自分で想像してそれを文章にするわけですから、基本的にやっている事は同じです。
文章にするに当たって、なるべく嘘を書かないように調べるとか、実際にあるものを具体的に紹介してある程度のリアリティーを求めるとか。
それで、そういう作業が私は楽しかったりします。

それに、書いているうちに登場人物が勝手に動き出すって言うことも本当にあるんだと経験しました。
なかなか興味深い体験です。

人間いろいろやってみるもんだなあ、とそう思う今日この頃です^^
[PR]
# by ayamama-de2 | 2009-05-17 11:57 | ひとり言

試験受けてきました。

昨日、「韓国語能力試験」を受けてきました。
日本に帰ったときに少しでも就職の役に立つかなあ、と思っていたのですが、こんな情勢ですし、実家の近くは韓国とはあまり関係のない地域でして、はっきり言って何の足しにもなりそうもないのが現状ですが、とりあえず受けるだけ受けよう、と全く消極的な気持ちでおりました。

申し込みをしたのは2月でしたが、その後ほとんど勉強らしきことをせず、まじめに勉強したのは試験の一週間前からという、本当にふざけた状態で、
「人生、何事も経験よね~」
という、お気楽な気持ちでいたのが間違いでした・・・・・・(だめな大人の典型・・笑)

90分ずつ2回の、計180分の試験時間だったのですが、両方とも最後まですべての問題を解けずに終わってしまいました・・・・・。
今まで受けた試験で、時間が足らなかったという事がなかったので、正直ショック。
特に「読解?」は、読めさえすれば意味はわかるんですが、どうやら私は読むのが遅いらしい。
ぎりぎりまで粘ったんですけど、最後の1問は解けませんでした。
それに、「作文?」の最後の論文は、最初から放棄。30点満点の問題だったのですが、時間がなさ過ぎました。
これはあれですね。事前のリサーチ不足が祟ったと思います。

普通の人は、試験対策で学院などに通う人が多いでしょうに、ノホホンとしていたのが敗因です。

私は高級の試験を受けたんですけど、回りはみんな若人で、昔のお嬢さんは数人しかおらずちょっと意外。でも、日本人のおじさんは何人かいました。
それに、中国人が圧倒的に多かったですね。
いかにも外国人って言う人はほとんど見なかったです。
初級や中級は、もっといろんな人が多いのかもしれませんけど、高級になるとやっぱり限られるんですかねえ~

ところで、試験会場はキョンヒ大学だったのですが、あそこ綺麗な大学ですねえ。
以前、息子の日本語キョンシ大会で、すぐ近くにある外国語大学に行った事があるのですが、そこよりもずっと施設も綺麗だったし、こんなところで大学生活を送りたかったと、今更ながら思いました。
帰ってから息子に、韓国で大学に行くならキョンヒ大学にしな!と気の早い事を言ってしまいましたよ(笑)

昨日はとても暖かくて、キョンヒ大学では王桜が満開でした。
ソメイヨシノよりもちょっと遅く咲くみたいですね。とても綺麗でしたし、事前に王桜を知っておいて良かったと思いました。
せっかく一人でソウルに出てきたのだから、ちょっと寄り道(私が一人で喜んで行くのは本屋だけ)をしたかったんですけど、子供を連れて出かけたはずのオットが、最近出かけたがらない子供たちを外出に誘うのに失敗して、早く帰って来いと怒るので、ただ行って帰ってきただけでした。
昨日の良かったことは、キョンヒ大学で王桜を見たことぐらいって言う、寂しい一日でした・・・・・(;;)

試験の結果は聞かないでね~~
[PR]
# by ayamama-de2 | 2009-04-20 09:49 | 生活

名前コンプレックス

私の名前は、奈保子と書いて「なほこ」と読むんですが、生まれてから今まで、同じ名前の人に実際に出会ったことがありません。
有名どころでは河合奈保子はいますけど、彼女は「なおこ」って読むんですよね。
ただ、ネットで検索などをすると、最近はタレントさんで数人いらっしゃるようですし、あのデヴィ夫人のご本名が「なほこさん」だったと知って驚いたりしましたが・・・

では、ハイ、口に出して言ってみてください。「なほこ」

正直、発音しづらいですよねえ~

この名前、決して嫌いじゃないんですけど発音しづらいのでいつも困惑しているんです。
実際、私の周りでこの名前で私を呼ぶ人はほとんどいません(^^;)
名付け親である父親も親戚も、私を「なおこ」とか「なおちゃん」などと呼びます。(書いていながら衝撃の事実ですよ!)
そう呼ばれてもそんなもんだと思って今まで生きてきたのですが、ちょっと冷静に考えたら変な話ですよねえ。(はあ~)

もう、うん十年この名前で生きてきていますから、いまさら自分の名前がどうこうとは全く思わなかったんですが、最近知ったアニメ(原作?はゲームで漫画にもなっております)の主人公の名前が
「かほこ」なんですね。

今まで似た名前で「みほこ」さんはいたのですが、「かほこ」は初めて聞きました。
もう、お話の中では「かほ」だの「かほちゃん」だの「かほこ」だの一杯出てくるんですよ。
アニメの場合は素敵な声の声優さんが呼びまくり、ささやきまくりです。
発音しにくくない?

「かほこ」と「なほこ」一文字しか違いません。ローマ字にしたってやっぱりKとNの一文字違いです。
若干、「かほこ」の方が発音しやすい様な気もしますが、基本的にはあまり変わりませんよねえ(懇願)

あれ?これってあり?もしかして、私の名前もあり?

でも、名前の検索をしていたらこんな知恵袋に遭遇して・・・・

日本語の発音の原則に則っとってない名前だったのね・・・・・・_l ̄l○

最近のお子さんたちはいろんな漢字をいろんな読み方させる、奇抜な名前の方もいらっしゃるようですが、くれぐれも発音のことを考えて方がよろしいのではないかと、老婆心ながら思ったりしております。
[PR]
# by ayamama-de2 | 2009-04-15 15:26 | ひとり言