ソウルの隣で・・・^^

ayamama2.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

キムタク「CHANGE」

はっきり言いますが、嵌ってます!(笑)

日本では視聴率が30%に行かなかったと人気の陰りが話題になっているそうですが、視聴率が20%以上のドラマが叩かれるとは、やっぱり恐るべしキムタクでしょうか?
(あ、「華麗なる一族」は私も叩いてたかも・・・(^^;))

キムタクのドラマで以前人気があったという、いわゆるトレンディー系ラブストーリーは全く見ていないのですが、「HERO」に続いて「CHANGE」は面白いです。
私はアメリカ映画の「デイブ」(豚の「ベイブ」ではありません)が大好きで、この映画は大統領のそっくりさんが倒れた大統領の代わりを務める話なんですが、なんだかその映画を彷彿とさせます。
いわゆる巻き込まれ型のストーリー展開で、巻き込まれた揚句に首相になっちゃうようですが、そういう夢のある?政治ドラマははっきり言って好きです。

それに1話での選挙運動シーンを見て、昔OL時代に会社の組合関係(今は野党)で選挙運動のアルバイトをしていた事を思い出して、とっても懐かしかったです。ウグイスはしませんでしたが、白い手袋はめて車から手を振ってましたよ(笑)他の立候補者の車とすれ違うとお互いにエールの交換をしたりしてなかなか面白い経験でした。

また、ドラマでは選挙事務所の一般人の応援風景はありませんでしたが、父に連れられて父の会社の組合関係(こっちは今の与党)の選挙事務所に行った事とか思い出しちゃいました(笑)

キムタクのドラマを見る層である女性は政治ドラマを好まないと言う事ですが、私は選挙権の放棄をしたことが無い人間で、政治の事はよく分からないけれど苦手なジャンルではないのでかなりツボです。

平凡な小学校の先生だったキムタクよりも、選挙プランナー(なんて本当にあるの?)阿部ちゃんがかなり癖があって気になります。
ウグイスの加藤ローサちゃんは、名前だけ知っていて見たのは初めてなんですが、可愛いですよねえ(笑)

本人は全くその気はないのに、子供に
「アウトになるの分かっていても全力疾走」
と言っちゃったから、その気はなくても一生懸命に頑張っちゃう朝倉先生は、きっと総裁選でも頑張っちゃうんでしょうねえ。慣れないのに・・・・(^^;)
そんな器じゃないのに、いや、器じゃないからこそ三ヶ月間のパシリ首相になって、党のイメージがアップしたら、その後はまた普通の人に逆戻り、政治はやっぱり政治屋が仕切るっていう展開なんだろうなあ、と先の話を何となく想像しながらも、朝倉先生の戸惑いとがんばりが楽しみなんです^^

それと、エンディングの映像とマドンナの歌がとっても良くって、何度もリピートしちゃってます。
「鹿男」のエンディングの新鮮さとはまた別の、ある種の安定感のようなものが結構気に入ってます。

大体大衆的な作品ではないドラマが気にいる事が多いので、そんな私がハマっただけで逆境かもしれませんが(笑)キムタクには、がんばって欲しいと珍しく本気で思う私でした^^
[PR]
by ayamama-de2 | 2008-05-21 18:37 | ドラマ

化粧品情報求む

私はあまり写真が好きではありません。
写真写りが悪いと自分では思っているのですが、実際写りが悪いときもありますが、客観的に考えれば、自分の顔はもっと良いと勘違いしているっていう事です(爆)

さて、日常生活ではアラ4どころではない自分の年齢を認めないでも生活できるのですが、認めざるを得ない事が時々起きます。
それは、証明写真です。
免許も10年、パスポートも10年なので、その証明写真を10年見続ける事になります。今回はパスポートが切れるのですが、今まであまり気にしてこなかった私も、さすがに今回はだいぶ気にしました。

で、髪形も整えメークもきちんとして写真を撮ったのですが・・・・・・・。

「誰?このおばさん」(涙)

同じ写真館で家族全員が証明写真を撮ったのですが、他の3人はフォトショップで見事にお直し。オットなんて、どこのご主人さんですか?っていう状態なのに、どうして私はおばさんな訳?

非常にショックを受けた私はパスポート用にちょっと昔の写真を提出(良い子はまねをしてはいけませんー爆)
係のアジョシは、今のパスポート写真よりも若く見えると鋭い指摘(^^;)
「髪型が違うからですよ~エヘヘ(滝汗)」
と弁明をしたのですが、サイズが合わずに取り直し(涙目)

仕方なく、別の写真館で写真を取り直したのですが、そこにはやっぱりおばさんが写っていた訳です(号泣)
という事で不法な事をすることなく、おばさん写真を提出したのでした・・・・・・・(;;)

私は昔から童顔で、必ず年よりも若く見られたんですが、童顔の人は一気にふけるっていう話を聞いたことがあります。今までは、「30代だと思っていましたよ^^」という言葉をそのまま信じてきたのですが、これからは「100%、お世辞ね(--)」と冷めた目で聞き流す事でしょう(大爆)

そして私の今の最大の関心事は、アンチエイジングです(爆)
とりあえずそれなりの化粧品は使っているのですが、プラスアルファでたるみ防止の化粧品を買う事を決意!!
予算は15,000円ぐらいを考えています。

●資生堂のセラムルビビフィアン、アペサンチュール
●ゲランのサクセスフューチャーセロム
●Obageのパーフェクトリフト
●Rocのコンプリートリフト

などを考えているのですが、お勧めがございましたら、教えてくださいm(--)m
[PR]
by ayamama-de2 | 2008-05-11 18:01 | ひとり言

5.3監督板DVD試写会

5月3日、「魔王」監督板DVDの試写会に行ってきました。

d0003561_22181380.jpg

場所は、KBSメディアビル5Fの映写室。
定員150人のイスは一杯になってました。

さて、このイベントは2時間ほど行われたのですが、
最初に50分ほどDVD試写があり、次に軽食を食べながらの歓談会、監督・俳優・スタッフが舞台に上がってあいさつ・質問コーナー・魔王放送1周年の乾杯・プレゼント・DVDの受け取りでお開きというプログラムでした。

最初に行われた試写は、ドラマ本編ではなくNGや撮影現場の雰囲気を伝える特別編集映像で、KBSの魔王HPで見た映像が多かったですが、面白く編集してあり、なかなか見ごたえがありました。

次に歓談会と称して、会場の外のロビー?にいくつかテーブルの上にお餅やジュース、お菓子、キムパプなどが準備されており、立食形式で軽食が出来るように準備されていました。

試写の途中で監督などが来られていたので、たくさんの人は監督や作家、俳優と写真を撮ったりサインをもらったりしていました。

私は例のように子連れで、また、ヘタレなので最初はただ食べてばかりだったのですが、やっぱり写真だけは貰おうと、監督のところに行って挨拶をして写真を撮らせてもらいました。

d0003561_22183093.jpg

私は子連れだったので一番端のテーブルで食べていたのですが、そこに高校生テフン役のパク・チョルホ君と、同じく高校生スンギ役の彼(名前忘れた.....)が食べに来ました。

d0003561_101418.jpg

たくさんのアガシたちがサインをもらったり写真を撮って貰ったりしていました^^

私たちの反対側の隣には、ソラちゃんが来ていましたが、彼女はおとなしくしていなくて、お母さんはキムパプを食べさせようとしていたのですが、すぐにどっかに行ってしまいました(笑)ソラちゃんの弟も来ていました。

その後また試写室に戻って、監督、作家、俳優(4人)、スタッフが舞台に上がって、ひとりひとり挨拶をしましたが、ソラちゃんは何も言えませんでした・・・・(^^)

次に今日参加した人は受付の後質問をつぼ?に書いて入れるように言われていたので、そのつぼから質問を5つ選んで、選ばれた人には主演俳優3人と監督、作家の実筆サインをくれるというコーナーが行われました。

日本からわざわざ来られた人からの質問が選ばれ、
「日本にもファンがいるのですが、日本に来られる予定はありますか?」という質問に監督は、
「是非、行きたいと思います」と答えていらっしゃいました。

また、
「別のラストシーンを考えていたという事ですが?」という質問に、
「すべての復讐を終えたスンハは、死ぬつもりでオスに会いに行き、二人がピストルで撃ち合うが、スンハのピストルは空砲だった。というラストを考えていた」
と答えられた時には、会場はシーンとなっていました。

あと、作家に「普段は何をしていますか?」という質問に、
「私は本当に普段は何もしていません。皆さんと同じ生活です。ただ、本はたくさん読むほうです」と笑いながら答えてました。

「ドラマはもう取らないのか?次の復讐ドラマは視聴者に受けると思うか?」と言う質問に監督は、
「自分はドラマを撮らないといられないので、また、ドラマをするつもりだが、受けるかどうかは分からない、ノーコメント!」と答えて笑いを取っていました。

「漫画「モンスター」などをドラマ化するつもりはないか?」という質問には、
「自分はキム作家のオリジナルしか撮らないつもりだ」と答えて拍手喝さいでした^^

その後、1周年記念でケーキカットをして、ゲストにはシャンペーン、観客は持ってるつもり(笑)で監督が「マワン」と言い、他の人は「永遠に」と言って乾杯をしました。

最後にこのイベントに来た人には一足先にDVDを貰えるという事で、シリアルナンバー1,2は、監督と作家に差し上げ、3~10、100,200,300,400,500,600,700,800は抽選で渡されていました。

私はそういうのには当たらない人なので、質問も、シリアルナンバーもなにも当たりませんでしたが、DVDは貰ってきました。正直、重かったです(^^;)送料を節約して、この日の軽食が準備されたのではないかと、勘ぐってしまいました(笑)

さて、帰りのエレベーターの前にチョ・ジェワン氏がいたので、写真を撮らせて貰いながら、
「遅くなりましたが、結婚おめでとうございます」と言ったら、
「エ・ヘヘ」と照れてました(笑)

d0003561_1013752.jpg

カメラがイマイチなので、素敵な俳優さんなのに、きちんと取れてなくてすみません。

今回は日本からも5人ほど来られてまして、凄いなあ、と思いました。
もしかしたらSo-netが来ているのではないかと思ったのですが、よく考えたら自前のDVDを発売しているのに、監督板DVDを発売するという事を取材する訳ないですよね。
マスコミ関係は全く来ていませんでした。
少人数のイベントなので、本当に和気あいあいと言うか、距離が近いイベントでしたね。

私は今回はネット関係の方には誰にも連絡せずに行ったのですが、それでも魔王ギャラリーの方は私の名前を知っているので挨拶して下さいました。

復活の時の中心メンバーと魔王の中心メンバーは変わってきているという事もあるし、ニックネームを変えている人もいるので全くわからないのです。

私も仕事もあるし、なかなかネットに書き込みも出来ないというか、ちょっと面倒臭くなってきてしまっているので、普段何もしないのに、こういう時にはちゃっかり行くというお調子者ですが、こういう商売っ気無しの温かいイベントは参加していても気持ちが良いですよね。

俳優が云々というよりも、作品を純粋に愛するマニアの方たちには、いつも頭が下がる気持ちでいっぱいです。
パク・チャンホン監督の次の作品でも、このようにみんなで作品を盛り上げて、楽しむ事が出来れば良いな、と思います。

では、簡単ですが、イベントの報告でした^^

ちょっと残念だったこと&こぼれ話
[PR]
by ayamama-de2 | 2008-05-03 22:19