ソウルの隣で・・・^^

ayamama2.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「クロサギ」見てます^^

最近開局したケーブル局で日本のドラマも放送してまして、最近見つけたのが「クロサギ」
基本的に1話完結なので、見られるときに見れば良いやと思っていたら、ちょうど朝、子供を送り出したあとにやってる事を発見して、ここ二日間ほど見てます(^^)

演技がどうなのかは、正直、良く分からないのですが、何しろ、韓国式の「感情ははっきりと表現する」と言う演技方式に慣れてしまい、非常に抑えた演技が、新鮮と言うか違和感があるというか・・・^^

でも、話は面白いです。
昔、父親が詐欺にあって一家無理心中をした中で、たった一人だけ生き残った息子が、その、父親をだました詐欺師を探しながら、世の中の詐欺師を退治?する話ですよねえ。
原作が漫画だそうで、日本のドラマは本当に漫画を原作にしたものが多いですよね。
主役の彼はジャニーズだそうですね。上手いのかな?前髪を何とかしたいと思ってしまうんですが(笑)

最近、あんまり韓国のドラマを見たいと思えなくて、結局「幻想のカップル」しか見ていないのですが、日本のドラマが見たかったのでちょうど良いです^^

そういえば、同じTV局で「オレンジデイズ」もやってるのですが、こっちは続けてみないと話が分からなくなるようなので、やめました(^^;)
続けて見るって言う事に、結構負担感を感じてしまう、今日この頃^^
[PR]
by ayamama-de2 | 2006-11-30 15:57 | ドラマ

経験値

物事に対して、その良し悪しや好き嫌い、その他の感情は、その人の経験値が関係してくると思います。
例えば、つい最近まで私を悩まし、今もすっきりしない気持ちを引きずっているものに、日本式のファンミ、と言う名前のイベントがあります。

私のファンミに対する経験値は低いです。
実際に行った事があるのは1度だけで、値段も無料のところを2万Wカンパで行きました。
会場で、私は非常に居心地が悪く、「いい年して、何やっとんじゃ」と言う気持ちでした(笑)
10代、20代前半の若い子達に混じって、10人ほどのの妙齢のお嬢さん(笑)と言っても30代です。その中に混じった、日本人のやっぱり妙齢のお嬢さん(苦笑)

ファンミは誕生日をかねていたので、本人はプレゼントを貰い、ケーキのろうそくを吹き、いくつかの質問に絵で答え、後はファンの芸を見て、歌を一曲歌い、仕事じゃないですからと気楽に挨拶。後は握手会でした^^

元々無料だし、進行がいまいちだとか、内容がいまいちだとか、そういう不満を持つっていう問題じゃないですね。本人に会えればそれで良いやって言う感じでしょうか?

それしか知らない私で、後はTVで他の俳優のファンミの様子を見るぐらい。
それしか知らないので、日本で行われるファンミが、実際どういうものなのか知りません。

で、それしか知らないから(しつこいー笑)、日本のファンミについて外部者として、この値段はどうなの?、とか何で公募な訳?ファンクラブとか、ファンサイトとか実際に応援しているファンを集めてやれば良いじゃん、と思うわけです。

ファンミについて、いろんな経験を持っている人達がいます。
何度か参加した経験があり、がっかりした経験のある人もいます。
がっかりした理由は、その俳優の姿であったり、周りのファンのマナーであったり、内容であったりします。
値段に対して内容が無い、と思う事もあるのかもしれません。
とにかく、痛い思い出のある人達がいるわけです(笑)

それと反対に、楽しい思い出を持っている人達もいます。
なかなか実際に会う事が出来ない俳優に、韓国への旅行代よりもずっと安い値段で会う事が出来て、感激の面持ちでファンミを楽しんだ方です。

ファンミは俳優の仕事じゃないと思っている人達もいるかもしれません。
私が参加したファンミは、俳優自ら「これは仕事じゃありません、だから気が楽です。」と言ってしまったファンミです(笑)俳優も仕事じゃなく、ファンの側も気楽に構えてお互いが楽しんだファンミでした。多分(^^)
でも、日本のファンミは値段が高いから、仕事になります。よねえ(笑)
その値段を取って、韓国と同じ事をしたら、普通怒るでしょう?
そういうの、どうなの?と思ってしまうのは、私がそういうファンミしか知らないからです。
ファンミって言う仕事は、俳優の仕事なの?と思ってがっかりしている人達もいます。


それぞれの経験上、それぞれがいろいろな考えを持ちます。
良し、であったり、悪し、であったりです。
外から見るとおかしいと思えても、中の人には常識だったりするわけです。
○○マニアの間で取引される高価な商品も、その商品のマニアでしか、その価値が分かりません。

自分の経験値で、良しと主張したり、悪しと主張したり、またはその中間で悩んだりします。
人生って、こんなものなんでしょうねえ~。と逃げてみる(爆)
[PR]
by ayamama-de2 | 2006-11-29 23:30 | ひとり言

記録媒体

昔は記録できるものと言ったら紙しかなかったんですが、レコードの発明に始まり、磁気テープ、ディスクといろんな新しいのもが出てきましたよね。
基本的には、記録媒体のソフトと、ソフトを再生する機械であるハードが必要になります。
ただ最近は、再生する機械、いわゆるハードに記録用のドライブが内蔵されていて、別にソフトがいらないものもあって、とても便利ですよね。

ところが、便利なんですけど、不安なんです。
少し前にTVで、こんな事を言ってました。
「記録媒体に記録した情報は、ハードがなくなると再生できなくなる事があるので、大事な情報の保存には気をつけなくてはならない。」

分かりにくいので、具体的に言います。
今、私の家にはVTR、DVDリージョン2+HDD、DVDリージョン3があります。
DVDって場所をとらなくて便利ですよね。VTRのように、画像の劣化も無いし。
だから、VTRに録画した画像をHDDにダビングしたりしています。
HDDに入っている映像で、大事だと思うものはDVDに焼こうと思っています。
ただ見るためだけだったらHDDで十分なのですが、保存したいと思ったらDVDと言う形にしておかないとだめですもんね。

ところが、再生するハードが限られますよね。
私はどうしてもPCでDVDを作れないので、ネットでDLした映像をTV画面で見たいのですが見る事が出来ません。これはただ単に技術的な問題です・・・・。
また、リージョン2のDVDはリージョン2の機械でないと、再生できません。私、DVDは無条件、PCで再生できると思っていたんですが、違うんですね。再生できるのもあれば、出来ないのもあります。失礼しました。私のPCのプログラムの問題でした。DVDプレイヤープログラムをDLしたら、見られるようになりました(^^;)
VTRだと、とりあえず世界共通ですから、ほとんどの国で再生できるのですが、DVDの場合、世界統一規格じゃありませんので、このディスクは、これだけで再生。これはこれ用と、結構複雑です。

DVDだけじゃなくて、VCDって言うのもありますよね。
韓国で買ったVCDは、うちの○GのDVDプレイヤーだと再生できるのですが、日本から買ってきたDVDプレイヤーでは再生できません。VCDって、リージョンないのにどうして??え?あるの?

と言うわけで、あの丸いディスクには、いろいろな種類があり、それこそ再生できるハードが、それぞれ違うわけで、DVDにダビングしても良いのか、と、なんとなく不安になったりします。
家のリージョン2DVD,HDDは、故障したら直せません。何しろ日本製ですから、韓国じゃどうにも出来ないわけです。
そんなこの先、別の国に移住するわけでもないし、DVDの形になっていたら、今のリージョン2が壊れたら、また別のDVDプレイヤーを買えば良いわけだし、日本に帰国したら、リージョン3の方が困るわけだから、そんなに心配するな、と言う声が聞こえそうです。

なんていうか、便利な世の中だとは思うんですけど、便利になった分、複雑になったと、そう感じる今日この頃です。これを人は年と言う(爆)
[PR]
by ayamama-de2 | 2006-11-28 14:10 | 生活

嫌な言い訳

最近良く見る言い訳のひとつ。
「事務所の所為」

除隊したばかりのある俳優が、大型ファンミを開催し、彼を俳優として応援したいと思っていたファンのコメント「事務所の所為で、こんな事をやらされて・・・・・」
そして当然、そのコメントに対して「大の大人が、事務所の所為だとは言い訳にならない」
全くその通りとついこの間まで思っていたのに、最近の私の言い訳、

「所属事務所の、その上の事務所の所為(苦笑)」

所属事務所が決めた事だったら、もしかしたら私は納得できなかったと思う。
でも、実はその事務所は、別の映画企画会社に入っていて、その親会社の意向だったら、多分逆らえないだろう、と言う話。

実はそういった話は、パニックの方に会う人会う人聞かされていて、正直うんざりしていた。もちろんそれは、私が当事者じゃなかったから。
ついこの間会った方も、「あそこを出なきゃだめよ」と力説。

でも問題は、実は’あそこ’ではなく、その上にあったということで、早くそこから離れてくれと、私も願うばかり。

独立している立場でない限り、そういう問題は起こるわけで、その事務所にどれほどのマネージメント力があるかと言うのを、見極める目を俳優も持つ必要があるわけだ。

そういうことを考えた時、ついこの間独立したパクシニャンは、良くやったと言わざるをえない。
良いブレーンに恵まれれば、独立も夢ではないと思うけど、俳優としてはまだ弱い立場。
ある韓国のファンは私に言う、「今は彼にとっては過程なのよ。その過程の途中だと思うしかないでしょう?とにかく見守りましょう」
はい、はい、きっとそうなんでしょうね。
と言う事で、無理やり納得している私でした^^;
[PR]
by ayamama-de2 | 2006-11-27 00:55 | ひとり言

「ダビンチ・コード」を読みました^^

夏帰省した時に買った文庫版。
結構前に読み終わったのですが、感想を書く暇がありませんでした^^;

この話って、たった3日間ぐらいの話ですよねえ。
文庫だと3冊なのですが、3冊目がちょっとだれました、私。
多分、勢いでがーっと読んじゃったら最後まで一気に読めたと思うのですが、裏切り?あたりからすっごく人間関係が狭い話だなあと思って、そこでだれたかな?

その、キリストとマリアの真実、みたいなところは、私は別にそんなにスキャンダラスだとは思いませんでしたけど、それは基本が仏教徒だからでしょうか?(笑)
でも、シリーズ物のようなので、他の作品も読んでみたいです。

こういった、著名人が出てくるサスペンス小説って、私は森雅裕の「モーツアルトは子守歌を歌わない」って言う小説があるのですが、これが面白かったです。フリーメイソンが関係してるんですけど、事件を解決するのがモーツアルトベートーベンなので、なかなか楽しい小説でした^^

実は彼の小説にめちゃくちゃ嵌っていた事があって、当時彼が出す小説は全部読みました。調べたら、ファンサイトがあったりして、今も小説書いてるようなので、機会があったら読みたいですね。
私は日本では、図書館通いをしていたのですが、こっちでは日本の本がおいてある図書館なんて簡単にないしねえ・・・・・

そういえば、今日偶然NHKで、本屋に名作を平積みしようって言う番組を見たんですけど「モンテ・クリスト伯」だったんですよね。「復活」を記事にしているブログで、「モンテ・クリスト伯」のようなストーリーって言うのを何度か読んでいたので、気になってたんです。実は読んでいないので(汗)、読んでみたいなあ~。
キョウボ文庫で平積みされてないかなあ?(笑)
[PR]
by ayamama-de2 | 2006-11-26 02:25 | 生活

紅茶が好き^^

最近、神経を使う事があり、それが落ち着いたと思ったら、もっととんでもない事が起こり、それこそ、ここ数日悲しくて、虚しくて、辛い日々を過ごしていました。

幸い、その道の大先輩から慰めと悟りを開くようなメールを頂き、今はだいぶ落ち着いたところです。
その所為でしょうか?
コーヒーが飲みたくなるんですよね。
私は、カルシュウムを取るために、牛乳を飲むようにしているのですが、実は牛乳が大嫌いなので(笑)、ミルクコーヒーにして飲んでます。当然、甘いです^^
だから、私が言うコーヒーとは、カフェラッテの事な訳です。

さて、先日お友達が韓国に来たので、ヨイドをふらふらしてました^^;
そこの、コーヒーショップに入ったのですが、紅茶を発見。
いつもは仕方なくコーヒーを飲んでいたのですが、本当は紅茶が好きなんです。

ミルクティーを頼んだ(と思う)のですが、やっぱり美味しかったです^^
私はアールグレイだとか、オレンジベコだとかは好きじゃなくて、一番好きなのは、リプトンの黒いやつ。イングリッシュ・ブレックファストだっけ?ダージリンだったっけ?クィンメアリーって言うのもあったよね
昔はリプトンはいろんなお茶のブレンドのティーパックを売ってたのに、今は無いのかしら?

そしたら、そのお友達が、お茶のティーバックのセットをくれたのですが、そこに紅茶も入っていたんですね。オリジナルブレンドなんですけど、香りが凄く良いんです。

多分、こんな紅茶の出し方は邪道だと思うのですが、マグカップに冷たい牛乳と角砂糖二つ入れて、レンジでチン。熱くなったミルクの中にティーバックを入れてしばらくしたら出来上がり(苦笑^^;)

日本にいるときは、紅茶ポットなんかそろえて、ポットウォーマー(って言うの?)をパッチワークで作ったりしたんですけど、ここの国はコーヒーの国で、紅茶なんて、本当にメジャーじゃないんですよね。
もちろん、そんな風にお茶を楽しむ時間も余裕も無いので、いつもインスタントのミルクコーヒーを簡単に入れて飲んでたんですけど、久々に紅茶を楽しんでます^^

体もほとんど完治したし、精神的にもだいぶ落ち着いてきたので、ちょっとゆっくり紅茶を楽しむ余裕が出来ました^^
[PR]
by ayamama-de2 | 2006-11-24 15:48 | 生活

だいぶ元気になりました。

ご心配頂き、ありがとうございました。
家でしっかり休んで、きちんと薬を飲んでいた所為か、だいぶ良くなりました。
まだ、完治ではないのですが、リンパ腺の腫れもだいぶ引きましたし、悪い病気ではなさそうです(^^)

何しろ、3週間以上腫れていたら、CTするとか脅かされてましたので(苦笑)

もう少し休んで、再開できたらとは思っています。
[PR]
by ayamama-de2 | 2006-11-22 16:36 | 生活

「白い巨塔」に行ってきました。

今日、あまりにも治らないとオットが文句を言うので、仕方なく「白い巨塔」(つまり、大学病院ね^^)に行ってきました。ま、月曜日にちょっと無理した所為か、次の日は39度の熱にうなされてましたので仕方ありません(;;)

ソウルにいた時は、息子があまりにも体が弱いので、年がら年中大学病院に通っていたのですが、こっちに来て縁がないと思っていたのに、まさか自分が掛かる為に大学病院に行く羽目になるとは思いませんでした。幸い自宅近くにあるので行くには便利ですけど。

ま、大学病院なんて、どこも同じようだし、特にどうって事なかったのですが、
「同じソンがつくなら、ソンモ病院が良かった」(ロケ地だから^^)だとか、
「やっぱり時間が掛かるって言ったじゃん」だとか、
「でも、医者が若い先生で良かった」だとか訳の分からない事を書きたいのではなく(笑)
常に高かったり低かったりしますが熱がある状態なので、ブログの更新が滞ります。
体が本調子じゃないとドラマを見る元気もないし、また今は優先してしたい事もあるのでこちらはそんなにかまえません。

見ようかと思っていた「恋人」も「雪の女王」も「サムデイ」もすっかり意識の外にあり、あ、実は「恋人」は別の訳ありでちょっと見てリタイヤなんですが、「幻想のカップル」も録画だけして見てません。
何をするにも、健康が大事^^;

と言う事で、皆様も体にはお気をつけあそばせ^^
[PR]
by ayamama-de2 | 2006-11-16 00:54 | 生活

「幻想のカップル」熱烈視聴中^^

d0003561_12234484.jpg

記事にはしてませんが、ものすごく面白いです「幻想のカップル」

やっぱりラブコメはこうでないとという典型ドラマです。
ストーリーはアメリカ映画「潮風のいたずら」をベースにしていますから先は分かっているんです。
ただ、ハンイェスルがめちゃくちゃキュートなんですよ。
鼻持ちなら無い金持ち女なんですが、記憶喪失になった所為で自分が判らなくなるんですね。性格はそのまま表れるのですが記憶が無いので自信が無いんです。
だから、以前の自分に縛られる事がありません。
これってねえ、自分の人生やり直せますよ(笑)
以前の自分だったら大笑いなんてしなかったのに大笑いできたり、素直になれなくて、ごめんもありがとうも言った事が無かったのに言えたり、記憶喪失って本当は悲劇じゃないんじゃないかって思ったりします。人生をやり直すチャンスなんじゃないかって(笑)
自分を取り戻す事が良いとは限らないって言う典型かもしれません^^
この配役、最初はオムジョンファがオファーを受けていたようですが、オムジョンファじゃちょっと弱いかも。ハンイェスルにして正解ですね。

でそれを受けて立つオジホがめちゃくちゃ良いんですよ。
元々の彼女を知ってるわけですから、最初は冷たく当たるんですが、だんだん彼女を利用する事に罪悪感を覚えるんです。彼女に振り回されるんですが、それでも楽しく同居生活を送ってるって感じでしょうか?化粧品を買ってあげたりしてますし(笑)そういうところがとても良いです。

「チュニャン」の作家ですからパロディーも沢山あって毎回大笑いです。
私はすっかりハンイェスルのファンになってしまいました。
彼女には悪いけど、はねっかえり娘ハンイェスルと彼女に振り回されて右往左往するオムテウン(大人ヴァージョン)のドラマをこの作家に書いて欲しい(熱望)

d0003561_12224957.jpg
このまんまの雰囲気でいいわ(笑)「クミホ」見直したくなっちゃった(爆)
[PR]
by ayamama-de2 | 2006-11-08 12:27 | ドラマ

オムジョンファ9集「プレステージ」

ジョンファ姉さんが、歌手として活動を再開、この度ニューアルバムが発売されました^^
朝鮮日報2006.11.3
Bugs Music ついこの間まで無料で全曲聴けたのですが、今日はもう聴けなくなってますね(;;)

先日記者会見がありましたが、オムテウンが携帯メールを送ってきて
テウン「聴いたよ、あまりに良くて涙が出た」
ジョンファ「買ったの?」
テウン「(オムジョンファの)家にあったのを一枚持ってきた」(笑)
と言うような、美しい姉弟のやり取りがあったようです(^^)

と言う事で、早速私も聴いてみました。
もともとオムジョンファは、私にとっては歌手だったのですが、正直、あんまり積極的に聴いてはいなかったんです。
最初に彼女の歌を好きになったのが、バラードだったので、その後の流行を追った曲調が私に合わなかったとも言えますね。ま、単に歌を聞く暇がなかったんですけど^^

彼女の声は細くて高く、声量もそんなにあるほうじゃないので、どちらかと言うとダンサブルな歌よりもバラードの方が良いんじゃないかと思うんです。だから、早い曲の場合は歌で聞かせるというよりもは、ヴィジュアルで見せるタイプの人だと思います。
歌唱力もずば抜けて感動的に良いと言うわけじゃありませんし、もちろん、歌手としては十分な歌唱力だとは思いますが、顔とダンスと曲で売ってきた人だと思うんですよね。

オムテウンが言ってましたけど、姉は本当に努力家なんだと。
私もそう思います。ずば抜けた才能があると言うタイプじゃないように思えます。
ただ、チャレンジ精神は凄いかも^^

このアルバムも、前半の歌よりも後半の歌の方が好きですが、夜のドライブにはぴったりかも^^
6曲目の「風の歌」と12曲目の「Innocence」が好きですね。
ファンからは、もう年を考えろ、と言う声も上がってるようですが(笑)ま、まだ大丈夫じゃない?(笑)
私は涙は出ませんでしたが(笑)
[PR]
by ayamama-de2 | 2006-11-06 14:23 | 音楽