ソウルの隣で・・・^^

ayamama2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ドラマ( 208 )

風の絵師 第1話

今日、PCを子供に使われてしまい一寸暇だったので、SBSドラマ「風の絵師」の1話をタシボギして見ました。

このドラマに関しては、私は
*パク・シニャンは当時の有名な画家キム・ホンド役で、ムン・グニョン演じる画家のシン・ユンボクを密かに愛する。
*ムン・グニョンは、キム・ホンドを同じように密かに愛する。
*しかし、二人の愛は許されない(なぜかは知らない)
程度の知識しかありませんでした。
バイト先でもほとんど記事を訳さなかったし、忙しくてその記事を読む事もしませんでした(^^;)

さて、ただいま私は乙女脳全開であります。
原因は『図書館戦争シリーズ』(別冊)の所為で、すっかり乙女な気分です(笑)
で、このドラマを見たら、とっても乙女な展開のドラマだって思いました(爆)

まず、ムン・グニョンちゃんは男装の麗人?であります。(知らなかったのでビックリしました)
そして、さらしを胸に巻くシーンがありまして、どこのベルばらだ!と突っ込ませていただきました(笑)
でも、ムン・グニョンちゃんの男演技はちょっとイマイチかなあ?
低い声でのセリフ回しもそうですけど、やっぱり男を演じるのは大変ですね~

で、お目付け役?でお兄さんが付いているんですけど、どうやらお兄さんは女の子として意識してるみたいで、許されざる秘めた恋です(笑)(義理の兄妹らしいです)

宮廷の絵員(宮廷で使う絵を描く部署で働く人)が舞台なんですが、そこの見習いとして、そのお兄さんとグニョンちゃんは日々の修行中です。指導員?には、義理のお父さんもいます。(お父さん役はモンリョンパパこと、アン・ソクファンさんです)

で、王が雨乞いの行事をしたその日に、義理のお父さんは見習いたちを連れて野外にスケッチに行きます。そこでたまたま目にした綺麗な女性をユンボクはスケッチするのですが、その女性は実は王の母(テワンテイビ)
スケッチの現場を見られて命からがら?逃げ出します。
テワンテイビは、その絵を探させて春画だと決め付け、描いた者を捕まえるように言い渡します。しかし、絵にはサインが無いので、誰が書いたのか見つけられません。ユンボクは監督役の義父からは、女性であるために最初から疑われませんでした。
そして、絵を描いた者を探させるために、追放されていた天才画家キム・ホンドが呼び戻されます。

ホンドは町でユンボクと絵を取り合って破ってしまいます。
弁償しろという店主に、同じ絵を描けばいいだろうと、ユンボクは書き始めます。
ホンドが有名な画家と知らないユンボクは、アドバイスをするホンドを邪険にします。
そして、迎えが来たホンドはユンボクを置いて行ってしまうのでユンボクは怒ります。

宮中で二人は偶然出会いますが、ホンドの正体を知らないユンボクは
「お金を返せ、お前のいるところでは無いから、早く出て行け」と言いますが、面白がったホンドは、持っていた板をユンボクに持たせて、歩き始めます。

仲間がホンドを見つけて挨拶をするのを見て驚いたユンボクは、階段から落ちそうになるのですが、それをホンドが抱き抱え、落ちてきた板を支えるという、乙女なシーンで終わります(笑)

なぜかあらすじをいまさら書いてしまいましたが、なかなか乙女な展開だと思いませんか?
これからきっと、ユンボクが女だと知って影となり日向となって指導しながら好きになるとか、ユンボクも尊敬がいつか愛に代わるとか、そんなベタなストーリー展開になるのではないかと・・・(笑)

ところで、今週で辞めるはずのバイトが、私の代わりに入社した子が私よりも先に辞めるという信じられない展開で、10日ほど延長して働くことになりました。
だから、このドラマを続けてみるかどうかはちょっと不明なんですが、なかなか面白そうな滑り出しだと思いました。
でも、視聴率は苦戦中なのかな?実際のシン・ユンボクは男性だそうなので、あり得ないと思う視聴者たちもいるかも知れないですね。
そういうドラマを作るのなら、何も実際の人物じゃなくても良いんじゃないかと思うんですが、韓国のドラマ制作陣は、実在の人物をいじるのが好きなんですかねえ?ま、原作付きのドラマらしいですけど・・・・。

パク・シニャンファンの方の中には、ネット視聴されている方も多いかと思います。
だから、今さら感もあるのですが、日本に売れた、というニュースも読みましたので、1話を見た感想を、ちょっと書いてみました。
[PR]
by ayamama-de2 | 2008-11-09 19:13 | ドラマ

キムタク「CHANGE」

はっきり言いますが、嵌ってます!(笑)

日本では視聴率が30%に行かなかったと人気の陰りが話題になっているそうですが、視聴率が20%以上のドラマが叩かれるとは、やっぱり恐るべしキムタクでしょうか?
(あ、「華麗なる一族」は私も叩いてたかも・・・(^^;))

キムタクのドラマで以前人気があったという、いわゆるトレンディー系ラブストーリーは全く見ていないのですが、「HERO」に続いて「CHANGE」は面白いです。
私はアメリカ映画の「デイブ」(豚の「ベイブ」ではありません)が大好きで、この映画は大統領のそっくりさんが倒れた大統領の代わりを務める話なんですが、なんだかその映画を彷彿とさせます。
いわゆる巻き込まれ型のストーリー展開で、巻き込まれた揚句に首相になっちゃうようですが、そういう夢のある?政治ドラマははっきり言って好きです。

それに1話での選挙運動シーンを見て、昔OL時代に会社の組合関係(今は野党)で選挙運動のアルバイトをしていた事を思い出して、とっても懐かしかったです。ウグイスはしませんでしたが、白い手袋はめて車から手を振ってましたよ(笑)他の立候補者の車とすれ違うとお互いにエールの交換をしたりしてなかなか面白い経験でした。

また、ドラマでは選挙事務所の一般人の応援風景はありませんでしたが、父に連れられて父の会社の組合関係(こっちは今の与党)の選挙事務所に行った事とか思い出しちゃいました(笑)

キムタクのドラマを見る層である女性は政治ドラマを好まないと言う事ですが、私は選挙権の放棄をしたことが無い人間で、政治の事はよく分からないけれど苦手なジャンルではないのでかなりツボです。

平凡な小学校の先生だったキムタクよりも、選挙プランナー(なんて本当にあるの?)阿部ちゃんがかなり癖があって気になります。
ウグイスの加藤ローサちゃんは、名前だけ知っていて見たのは初めてなんですが、可愛いですよねえ(笑)

本人は全くその気はないのに、子供に
「アウトになるの分かっていても全力疾走」
と言っちゃったから、その気はなくても一生懸命に頑張っちゃう朝倉先生は、きっと総裁選でも頑張っちゃうんでしょうねえ。慣れないのに・・・・(^^;)
そんな器じゃないのに、いや、器じゃないからこそ三ヶ月間のパシリ首相になって、党のイメージがアップしたら、その後はまた普通の人に逆戻り、政治はやっぱり政治屋が仕切るっていう展開なんだろうなあ、と先の話を何となく想像しながらも、朝倉先生の戸惑いとがんばりが楽しみなんです^^

それと、エンディングの映像とマドンナの歌がとっても良くって、何度もリピートしちゃってます。
「鹿男」のエンディングの新鮮さとはまた別の、ある種の安定感のようなものが結構気に入ってます。

大体大衆的な作品ではないドラマが気にいる事が多いので、そんな私がハマっただけで逆境かもしれませんが(笑)キムタクには、がんばって欲しいと珍しく本気で思う私でした^^
[PR]
by ayamama-de2 | 2008-05-21 18:37 | ドラマ

日本のドラマアンケート

韓国のドラマのアンケートには良く参加していたのですが、今回日本のドラマのアンケートがあったので、初参加してみました!!(笑)

確か日刊スポーツか、どこかのスポーツ紙のサイトにあったアンケートなのですが、
面白かったドラマについてのアンケートです。(今はなくなっちゃいました)
しかし、ご存じのように、日本のドラマをリアルタイムで見ているのもの非常に少ないので、かなり偏った答えになってしまいました(笑)

☆面白かったドラマ・・・・・「鹿男あをによし」
☆主演男優・・・・・・・・・玉木宏「鹿男あをによし」
☆主演女優・・・・・・・・・綾瀬はるか「ホタルノヒカリ」(笑)
☆助演男優・・・・・・・・・藤木直人「ホタルノヒカリ」(苦笑)
☆助演女優・・・・・・・・・綾瀬はるか「鹿男あをによし」

つまり私ったら「ホタルノヒカリ」と「鹿男」しか見ていないっていう事なんですね(大笑い)
そのたった二つのドラマの女優がどちらも綾瀬はるかちゃんていうことは、私にとってはるかちゃんは非常に羨ましい人という事になります(笑)

それに「鹿男」は、普段は日本のドラマの公式HPなんてほとんど行かないのに、しっかり壁紙を貰ってきてしまうという、画期的なドラマだったりします(笑)

また、男性俳優が二人とも歌手もやっているというのは偶然でしょうか?(笑)
玉木君の「踊ろうよ」は見ましたが、以前に聞いた歌と同じように聞こえました。
もうちょっと別のカラーの歌はないんでしょうか?(苦笑)
でも、藤木君の歌よりは好きです(大爆)

さて、玉木ドラマを見た後は、他の作品が見たくなる、という事で、見ていないドラマを探す旅に出ます(笑)映画を見たいんですが、映画を見つけるのがちょっと難しいんです。でも、去年の渡辺謙さんとの共演ドラマ「星ひとつの夜」を発見したのでこれから見る所です。ファンといいながらも、余りチェックしていないのがばればれです(苦笑)

そういえば、藤木君はすっかりご無沙汰しちゃってますねえ。今、ドラマに出てます?
二人一辺は大変なので、玉木君が落ち着いたらお勧めドラマをみて見ようかなあ?

どうも、日本のドラマを見始めると韓国のドラマはわざとらしく感じちゃうんですよね。

例えばBGMにしても、韓国ドラマはOSTに歌が入っているのが当然で、歌詞がドラマの補助をしているところがありますよね。
でも、「鹿男」みたいに歌に頼らないドラマを見てしまうと、歌が聞こえてくると、歌詞に逃げるなよ~、と思ってしまいます。

それに、最近「オンエア」を見始めたんですが、ソン・ユナの演技がうざい。
本人はわざとやってるそうなんですが、見ている方は疲れます。
ドラマ自体は、ドラマ制作の裏側が見えておもしろいんですがねえ・・・・・。

今年はもうちょっと沢山の日本のドラマをリアルタイムで見たいな、と思っています^^
[PR]
by ayamama-de2 | 2008-03-28 18:30 | ドラマ

日本のドラマ「鹿男あをによし」2008年

終わっちゃいました「鹿男」
かなり面白かったので、終わっちゃって残念です。
楽しみがなくなっちゃいましたねえ・・・・・。

実は正直、9話の後半が間延びしていたので、ちょっとがっかりしていたのですが、
10話はそれなりにきちんとまとまってましたし、それなりのクォリティーを保ってましたよね、このドラマ。

玉木君はのだめとは全く違って、神経衰弱の情けない男をしっかり演じてましたよね。
息子は1話しか見ていなかったんですが、最終回を私が見ていたら隣に来て一緒に見ながら一言「おじさんになっちゃったね」(笑)
私も「うん」としか言えませんでしたよ(苦笑)

最初はなんなのこの子と思っていた堀田いとちゃんも、ちょっと怖いぞマドンナも、いるだけで怪しい重さんも、超大ボケの藤原君も、そしてなんと言っても、最初はめちゃくちゃ情けなかった小川先生も、それから鹿も(笑)とってもとっても大好きです^^

ラストの現実の世界の戻った小川先生も良かったし、卑弥呼の墓を探すリチャードも、上手くまとまってましたよね。

ドラマの最終回が終わった時は、とっても残念だな、と思っただけだったのですが、その後いろいろなところを放浪していると、名残惜しいと言う気持ちが溢れてきますねえ・・・・

そこで・・・・
[PR]
by ayamama-de2 | 2008-03-23 15:25 | ドラマ

「鹿男あをによし」見ました。

今日、〇〇して「鹿男」の1話を見ました。
かなり面白かったです。

最近、気がついたんですが、韓国は高層アパートが多くて、ろくに景色が見られないんですよね。
田舎の方は別でしょうが、ソウルは言うに及ばず、ちょっとした地方都市でもアパートはみんな高層で、遠くにある山や景色を楽しむことができません。
だから、日本のドラマなどを見ると、景色が奇麗でなんだかホッとします。
ドラマの中で奈良の観光スポットが出てきましたが、良いですねえ。
私は中学の修学旅行で一度しか行っていないんですよ。覚えているのは鹿だけだし・・・・(苦笑)

さて、とことんついていない男小川先生が、奈良で神の使いの鹿の使命を受けて、日本を救うために奮闘するお話らしいのですが、玉木君のついてない情けない顔が良いです^^ちょっと痩せすぎてるけど・・・・・・。
私は玉木君の千秋様みたいな役よりも、こんな情けない役の方が好きかも(笑)

「ホタルノヒカリ」の綾瀬はるかちゃんも相変わらず天然と言うか、がつがつしていない感じがなごみます。ちょっとずれてるけど(笑)
というか、このドラマの出演者、みんな脱力系じゃありませんか?
力入りすぎの韓国ドラマに比べると、楽に見られますよ。

でも、エンディングの音楽と鹿の映像はなかなかサスペンスチックでいいですよね。
何しろ、神の使いが日本を救う話ですから少しは緊張感がないと(笑)

鹿が町中を平気で歩いていたり、マイ鹿があったり?と、かなり面白い設定で笑わせるのですが、そんな笑いの中に日本を救うというとんでもないストーリーのギャップが良いですよね~
玉木君が隠れて鹿せんべい食べてましたけど、あれってみんな一度は食べてみてませんかねえ?私、一口食べた覚えあるなあ。味がなくておいしくなかったと思うんですが・・・(苦笑)

見てはいないのですが、「悪い愛」のメロの王道ぶりのうわさを聞くに連れ、うわあ、やっぱり見なくていいや と思い、おもしろそうだと見始めた「快刀ホンギルドン」のあまりのぶっ飛び具合に引き気味になり、仕事で忙しいのもあいまって、なんだか韓国ドラマが面白くないんですよね。
パク・ヨンハの「オンエア」面白いかなあ?楽屋落ち過ぎると面白くないんだけど・・・・。先の話だなあ。

そんな中、「鹿男」の面白さは清涼剤のようです(笑)
日本らしい景色と日本ならではの設定。
神社や日本の神話、特に神無月を韓国の人が理解できるのかどうか分かりませんが、やっぱり日本のドラマも面白いよね、と思いました^^

来週から金曜日は「鹿男」の日ですね(笑)
[PR]
by ayamama-de2 | 2008-01-18 18:01 | ドラマ

日本のドラマ「のだめ in ヨーロッパ」2008年

一辺に見るのは大変だから分けてみようと思っていたのに、見始めたら止まらなくて、結局一気見してしまいました(^^;)
おかげで次の日は眠くてフラフラ(爆)

さて、まず1日目のレッスン1ですが、なんと言っても外人さんが日本語で演じると言うのがなかなか面白く、ほとんどが非フランス人だったようなんですが(笑)、良かったです^^
イタリア人のロザンナとジェローラモさんにちょっと笑いました。でも、本当はアメリカ人の方を笑うべきなんでしょうね(^^;)

しかし、数少ない、本当のフランス人らしい、ジャンを演じた方は結構かっこ良かったですね^^ 彼の前髪の生え際と言うか、大きい額がちょっと心配になりましたが・・・(笑)
また、新メンバーの俳優さんたちも、原作を壊さず、その通りのイメージだったので非常に良かったです。
私は、ソン・ルイがちょっと心配だったんですけど、その通りでしたね(もろ、日本人だったけど・・・^^;)
あ、片平も良かったですね。ジャンプする指揮が見られて、とてもうれしかったです^^

ドラマの内容も、原作を壊さない展開でとても面白かったです。
相変わらず、原作の千秋とは違い、かなり情熱的な玉木千秋ですが、去年のドラマの時よりも、かっこ良くなかったですか?久しぶりに見たせいかなあ?痩せたせいかなあ?
指揮姿がとても良かったです。前よりも上手くなっているようだし・・・・^^

上手い演出だな、と思ったのは、指揮コンクールでの間違い探しのシーン。
千秋とジャンが交互に出てきて間違いを指摘しあうところはなかなか迫力がありました^^

あまりにも千秋のレッスン1が良かったので、のだめのレッスン2は見る前はちょっと心配だったんですが、こちらも見始めたら、のだめの苦悩と悔しさが良く伝わってきて、ちょっとほろっと来ました。
こういうところは、漫画よりもドラマの方が良く伝わってきますね。

千秋の指揮者デビューで、ピアノ交響曲をソン・ルイと共演した事にショックを受け、必死にソン・ルイのように弾くのだめとか、自分の目的を失って自信を無くすのだめとか、本当にかわいそうでした。
こういうときに、こいつ(千秋)はいないんだよなと、蹴りを入れたくなりましたよ(笑)あ、本当に蹴りを入れなくちゃならないのはミルヒーの方か(苦笑)

でも、最後は上手くまとまり(笑)良かったねえ~~~とうれしい気持ちになりました^^

やっぱり本当に聴こえて来る音楽や、舞う黒い羽(笑)あり得ない風(大爆)など、ドラマならではの耳と目に入ってくる情報の多さがこのドラマの魅力だと思うので、新春早々、ちょっと落ち込むことの多い私生活の中で、とても元気を貰えたドラマでした。

次は鹿男に元気を貰おうと思っています(笑)
玉木君、あまり痩せすぎないで、是非ついてない男を好演して欲しいです^^
それから、鹿にも襲われないように(苦笑)

しかし、玉木君はキス、しなくて良いいから・・・・(大爆)
[PR]
by ayamama-de2 | 2008-01-09 20:13 | ドラマ

「のだめ」の直前スペシャル

ドラマの本編見たいんですけど、○○に時間がかかってまだ見てません。
で、物には順番と言う事で、直前スペシャルを見ました(^^)

つい先日、「のだめ」の漫画の最新巻が届いて読んだばかりなので、すっとこの世界に入っていけそうです。
いろいろな見所も多く、とっても楽しみ^^
なかなかまとまった時間を取れないので、見終わるのに時間がかかるかもしれませんが、楽しみはゆっくりと味わおうと思っています^^

このスペシャルで、玉木君ほどモーニングの後姿が様になる日本人はいないんじゃないかと思いましたよ(笑)
久しぶりにクラシックを聴いて、少し心に余裕が出来そうです。

と、スペシャルを見てこのブログに来たら、Aさんから重大な情報が・・・・・。(全く知らなかった自分・・・・(爆汗))
フジの木10ドラマに出るんですね!!
おまけに共演は「ホタルノヒカリ」の蛍ちゃん^^
彼女とは何度か共演してますけど、蛍を彷彿とさせるポワンとした感じだったら面白いな^^

で、玉木君はまたまた髪型を変えてます。
今度の髪型は「いかさま興信所」のイミンギみたい(笑)
ついてない男の役だそうで、「のだめ」の千秋様からのギャップが楽しめそうです。

おまけにこのドラマは原作があるんですね。
ドラマが終わったら、原作を読む楽しみが出来そうです^^

つう事で、去年のお正月も玉木君でしたが、今年も玉木君で楽しめそうです^^

Aさん、情報ありがとうございます^^
また、コメントを下さった皆さん、息子の事、心配してくださってありがとうございます。
まだ検査中なんですが、どこか苦しいとか、痛い所がある訳ではなく、また抗生物質で息子は良くなっているという実感があるようですし、また本人は何度も入院していますので、結構入院生活をそれなりにエンジョイしていたりします(^^;)

コメントのご返事はちょっとしばらくは差し上げられなさそうですが、ドラマの感想などはチョコチョコと書けたら書きますので、たまに覗いてみてください。
また、ご返事無しでも宜しかったら、コメント頂けると嬉しいです^^
[PR]
by ayamama-de2 | 2008-01-07 00:20 | ドラマ

MBC「ニューハート」のチソン

ニューハートHP

最近気になっているのはMBCの「ニューハート」に出ているチソン。
本格医学ドラマという事と、ヒューマンドラマという事なので最初はあまり興味がなかったんですが、偶然見たチソンがとってもキュート^^

チソンは「オールイン」と「ラストダンス~」で見た時は、二枚目だなあ、という程度だったんですが、軍隊から帰ってきて、2年年をとったはずなのに、今までで一番若く見える(爆)
それに、前髪が下がっているせいもあるんですが、役柄がまっすぐでとっても可愛いんですよ。

ドラマも毎回見なくても十分ついて行ける話なので(笑)気が向いたときに見るだけなんですが、オットはこのドラマをコメディーか、と言いながらげらげら笑って見てました(^^;)
もちろん、チョジェヒョンも頼りになる外科医としていい味出してますし、周りもなんだかどこかで見た人が多く(笑)ちょっといい感じです。
視聴率が良いのも、なんだかうなずけますねえ・・・。

d0003561_20183867.jpg

[PR]
by ayamama-de2 | 2007-12-27 20:18 | ドラマ

韓国ドラマ「いかさま興信所」KBS 2007年

KBSドラマ「いかさま興信所」を見終わりました。

このドラマは韓国ドラマ版、インディージョーンズと言ってもいい作品で、同じビルに住む3人の情けない男女と、父親の秘密を探る大金持ちの若い女を中心に、李氏朝鮮王朝、最後の王様高宗の隠された黄金を探す冒険アクションミステリーコメディードラマです(笑)

リュスンスが貸し漫画屋で出てくるんですが、眼鏡をかけてないと目が小さくて情けないです(笑)私はこの情けなさが立派に見えました(爆)

イミンギはこのドラマが初めてだったのですが、なかなか頑張っている感じ。

しかしなんといっても、映画「家族」で憎々しい悪役を演じたパクヒスンの新たな魅力を発見。
ほとんど唯一と言っていいメロなシーンがなかなか良かったっす^^
それに、パクヒスンの部下、イヘヨン氏(検索掛けても何も出てこないー泣)もなかなか男前。

有名どころががほとんど出ていないせいか、冒険ものは受けないのか、視聴率は「王と私」「イサン」に挟まれて惨敗だったようですが、私は面白かったです。
でも、最終回が3%台だったと知って、すごく残念でした。

KBSドラマは最近、あまり視聴率が良くないんですよね。
特に私が見てるドラマ(大爆)
なかなかチャレンジ精神に溢れていて良いと思うんですけどねえ・・・・・。
ただ、このドラマの後続ドラマの「悪い愛」は仕事で毎日記事を訳しているだけでお腹いっぱい状態なのですが、1月から始まるホン姉妹作家の「快刀 ホンギルドン」は期待してますよ~~。

d0003561_17472390.jpg
          冒険にいざ行かんの図

d0003561_17475022.jpg
          この二人は味があったわ^^
[PR]
by ayamama-de2 | 2007-12-05 17:43 | ドラマ

李氏朝鮮時代

最近評判の良いMBCの「イサン」をちょっと見てみました。
確かに進みが遅いようで、これなら見られるかもしれません^^

ところで私が韓国の史劇が苦手な理由は、時代背景がよくわからない事と、言葉が難しいからなんですが、この「イサン」の時代を調べるために李氏朝鮮王朝の歴史をちょっと調べてみました。

d0003561_17554787.jpg

するとこんな素晴らしいものが・・・・・。
(絵の上でクリックすると別窓で大きく見れます^^)

これは歴代韓国ドラマの出演者で見る李氏朝鮮王の系図です。
なんとなく知っている顔が多いです(笑)

驚いたのは「イサン」のハンジミンちゃん、何とイサンの子を産んでる(@@)

それに女性の髪形が、中期は上に結い上げてますけど、後期になると上がってませんね。
あの髪形重そうですもんねえ(^^;)

ここに「王と私」も映っているので調べてみたら、王の王后のユン氏は、あの有名な燕山君のお母さんなんですね。
ユン氏は燕山君がまだ幼い時に毒殺されてしまうらしいのですが、それに対して内侍チョソンはどうするのか、ちょっと興味があります。
別のドラマですけど、チャングムはそのユン氏を毒殺したといわれている高官の娘だとか・・・・。

こうやって史実を知ってドラマを見ると、理解がし易いというか、興味深く見れますね。
今、ちょうどお昼に「明成皇后」をやっているのでそれもたまに見てます。
ドラマは所詮ドラマなので史実とは違う部分も多いと思うのですが、「明成皇后」の時代(つまり、明治ね^^)の日本側の外交文書をまとめたサイトを見つけて、それを時間のあるときに読んでいるのですが、一応朝鮮王朝側の見方がわかると思って・・・・・・。

昼間は仕事をしているし、夜は忙しくて、なかなかドラマも見られないのですが、こうやって資料を読んでからドラマを見ると、それなりに楽しめますね^^
[PR]
by ayamama-de2 | 2007-11-28 18:18 | ドラマ