ソウルの隣で・・・^^

ayamama2.exblog.jp
ブログトップ

風の絵師 第1話

今日、PCを子供に使われてしまい一寸暇だったので、SBSドラマ「風の絵師」の1話をタシボギして見ました。

このドラマに関しては、私は
*パク・シニャンは当時の有名な画家キム・ホンド役で、ムン・グニョン演じる画家のシン・ユンボクを密かに愛する。
*ムン・グニョンは、キム・ホンドを同じように密かに愛する。
*しかし、二人の愛は許されない(なぜかは知らない)
程度の知識しかありませんでした。
バイト先でもほとんど記事を訳さなかったし、忙しくてその記事を読む事もしませんでした(^^;)

さて、ただいま私は乙女脳全開であります。
原因は『図書館戦争シリーズ』(別冊)の所為で、すっかり乙女な気分です(笑)
で、このドラマを見たら、とっても乙女な展開のドラマだって思いました(爆)

まず、ムン・グニョンちゃんは男装の麗人?であります。(知らなかったのでビックリしました)
そして、さらしを胸に巻くシーンがありまして、どこのベルばらだ!と突っ込ませていただきました(笑)
でも、ムン・グニョンちゃんの男演技はちょっとイマイチかなあ?
低い声でのセリフ回しもそうですけど、やっぱり男を演じるのは大変ですね~

で、お目付け役?でお兄さんが付いているんですけど、どうやらお兄さんは女の子として意識してるみたいで、許されざる秘めた恋です(笑)(義理の兄妹らしいです)

宮廷の絵員(宮廷で使う絵を描く部署で働く人)が舞台なんですが、そこの見習いとして、そのお兄さんとグニョンちゃんは日々の修行中です。指導員?には、義理のお父さんもいます。(お父さん役はモンリョンパパこと、アン・ソクファンさんです)

で、王が雨乞いの行事をしたその日に、義理のお父さんは見習いたちを連れて野外にスケッチに行きます。そこでたまたま目にした綺麗な女性をユンボクはスケッチするのですが、その女性は実は王の母(テワンテイビ)
スケッチの現場を見られて命からがら?逃げ出します。
テワンテイビは、その絵を探させて春画だと決め付け、描いた者を捕まえるように言い渡します。しかし、絵にはサインが無いので、誰が書いたのか見つけられません。ユンボクは監督役の義父からは、女性であるために最初から疑われませんでした。
そして、絵を描いた者を探させるために、追放されていた天才画家キム・ホンドが呼び戻されます。

ホンドは町でユンボクと絵を取り合って破ってしまいます。
弁償しろという店主に、同じ絵を描けばいいだろうと、ユンボクは書き始めます。
ホンドが有名な画家と知らないユンボクは、アドバイスをするホンドを邪険にします。
そして、迎えが来たホンドはユンボクを置いて行ってしまうのでユンボクは怒ります。

宮中で二人は偶然出会いますが、ホンドの正体を知らないユンボクは
「お金を返せ、お前のいるところでは無いから、早く出て行け」と言いますが、面白がったホンドは、持っていた板をユンボクに持たせて、歩き始めます。

仲間がホンドを見つけて挨拶をするのを見て驚いたユンボクは、階段から落ちそうになるのですが、それをホンドが抱き抱え、落ちてきた板を支えるという、乙女なシーンで終わります(笑)

なぜかあらすじをいまさら書いてしまいましたが、なかなか乙女な展開だと思いませんか?
これからきっと、ユンボクが女だと知って影となり日向となって指導しながら好きになるとか、ユンボクも尊敬がいつか愛に代わるとか、そんなベタなストーリー展開になるのではないかと・・・(笑)

ところで、今週で辞めるはずのバイトが、私の代わりに入社した子が私よりも先に辞めるという信じられない展開で、10日ほど延長して働くことになりました。
だから、このドラマを続けてみるかどうかはちょっと不明なんですが、なかなか面白そうな滑り出しだと思いました。
でも、視聴率は苦戦中なのかな?実際のシン・ユンボクは男性だそうなので、あり得ないと思う視聴者たちもいるかも知れないですね。
そういうドラマを作るのなら、何も実際の人物じゃなくても良いんじゃないかと思うんですが、韓国のドラマ制作陣は、実在の人物をいじるのが好きなんですかねえ?ま、原作付きのドラマらしいですけど・・・・。

パク・シニャンファンの方の中には、ネット視聴されている方も多いかと思います。
だから、今さら感もあるのですが、日本に売れた、というニュースも読みましたので、1話を見た感想を、ちょっと書いてみました。
[PR]
by ayamama-de2 | 2008-11-09 19:13 | ドラマ