ソウルの隣で・・・^^

ayamama2.exblog.jp
ブログトップ

ちょっと近況報告

最近頓にブログの更新が滞っております。
どこに籠ってしまったのかとご心配の方もいらっしゃるでしょうから、ちょっと近況報告です。

どこの籠っているのかと言えば、「図書館戦争シリーズ」に籠っています(笑)
やっぱり全部読み終わっていないので、良くも悪くも残りが気になってしまい、2次創作ブログやサイトを巡っちゃったりします(あ~あ、これだけは避けたかったのに・・・・大爆)
すっかり別世界の人です(笑)

昨日「図書館内乱」が来て例の如く一日で読破。
安ければ大人買いできるんですが、円高で高いので一冊づつ買うしかありません。
でも、結局買っちゃうんだったらいっぺんに買ったらいいんじゃないの?とは言わないでください。一冊づつ時間を掛けて買って読む事で、心のセーブ(どこが?)してるんです(笑)
でもこの勢いでは、コミックスにまで手を出しそうで、正直怖いです^^;

しかし!、やっぱり住んでいるのは韓国ですから(苦笑)それなりに社会問題に関して考察とリサーチもしております(笑)

最近起きた大事件と言えば、やっぱりチェ・ジンシルの自殺ですね。
私はその原因になったアン・ジェファンの自殺に関して、そんなに詳しく知らなかったのですが、アン・ジェファンの自殺の原因になった借金の一部は、チェ・ジンシルが貸したお金だったとか。そのお金を高い利息で貸したとか何とか、嘘と悪意の情報を流された彼女が、その噂を流した犯人を捜し出して逮捕までしたのに、その後ノイローゼと精神不安定(同じ意味か・・・・)で発作的に自殺したっていう事のようです。



チェ・ジンシルはとても悔しかっただろうし、非常に追い詰められたのだという事は想像に難くなく、彼女自身を責めたりするつもりはありません。ただ、客観的にというか、別の見方をしたら、という趣旨で思ったことなのですが・・・・・

チェ・ジンシルは残念な事に心が弱かったのではないかと・・・・・。
離婚して、子供を引き取り、子供を自分の名字に変更するなど、一見強いバツ一女性に見えました。離婚後出演したドラマはそれなりに結果を出しており、前回出演した「私の人生最後のスキャンダル」のパート2も決まっていたし、もし本当に自分が悪くないと自信があったのなら、犯人が逮捕された後は裁判の場所で正々堂々と戦う事が出来たのではないかと、そう思いました。

また、悪い噂はネットの上だけで、テレビや他の媒体でそういう噂が出ている訳ではなかったし、そのうわさを信じる人よりも信じない人の方が圧倒的に多い現状で、(もちろん、積極的に擁護する人よりもは、面白半分に噂を聞く人も多いでしょうが、それはPCを開けてそのサイトを見る人たちだけです。実際私は知りませんでした)それこそ、PCを閉じてしまえば良かったのではないかと、そう思ったのです。

ところが、それをある韓国人に話したところ、とんでもない勢いで否定されました。
それこそ、あなたもしかしてチェ・ジンシルの親戚か何かですか?というぐらいの迫力です。
あなたは彼女の気持ちを全く理解していないだの、人の立場に立って考えろだの、俳優なんて言う人気商売で、悪い噂がどれだけダメージになるのか分からないのかだの、否定というよりもそう考えた事への批難の言葉を浴びせられて、正直驚きました。

その後いろいろと考えたんですが、韓国社会の限界がそこにあるのかな、と思いました。
多くの韓国人は自分を否定されることに強くないようです。そして、客観的、別の角度からの見方など、自分とは違う考え方を受け入れる余裕が無いようです。

また、自分は間違っていないと思ったら、例えたくさんの人に非難されようが、自分を理解してくれる人が少なかろうが、胸を張って生きていれば必ず分かってくれる、という社会的価値感があまり無いのかな、と。

別の日本人をよく知っている韓国人に同じ事を話しましたら、日本人ならそう考えるだろう、と言ってました。ただ、韓国ではそうではないと。多くの韓国人は、俳優は俳優の仕事をすれば良い、高利貸しのようなことをするべきではない、と思っている。たとえ結果的にお互いが納得してのお金の貸し借りだったしても、それは不適切だったと、そういう目で見る人が多い、という話でした。だから、チェ・ジンシルの場合もいくら犯人が捕まったとしても、その後も追い詰められたと思う、という事でした。

そして私が、
「韓国の人は否定されることに強くない。自分を否定する事が出来ないから、自分を反省したり、社会を否定したりすることが出来ない。例え相手が正しいことを言っていたとしても、それを受け入れられない。思いっきり自己擁護と言い訳(同じ意味だ^^)をするので韓国社会が変わる事が出来ない」と言ったら、
「その通り!」と言ってました。

このことは韓国の芸能人の自殺が多いってことと無関係じゃないと思います。
自分が良かれとした事や、自分の決めた事をネット上などで非難されて自殺した芸能人は今まで何人いたでしょう?
一般韓国人の道徳観や情緒に合わない事をした芸能人が自殺したり、芸能界を追い出されたり、そういう事はかなりあります。それこそ犯罪を犯した芸能人の方がよっぽど許されて復帰してます。

多様な価値観を受け入れるだけの成熟した?社会を持っていない韓国では、普通と違う自分の価値観を強く持ち続けるためには、よっぽど強い気持ちを持っていなければ難しいです。そして、一般韓国人は無責任な道徳観と情緒の押し付けをいとわない人々です。

今回のチェ・ジンシルは悪意の噂が原因で犯人も捕まってますが、犯人が逮捕されたのは初めてで、今までは誰が言い出したのか分からない批難が原因の事がほとんどです。
そしてやっぱり、女性はまだまだ社会的地位が低いです。噂が元で自殺した多くの芸能人は女性です。

本当にネット社会は怖いです。日本だってサイトやブログが炎上したり、不適切な発言やコメントに対して非難轟々、芸能人や政治家がこの発言を元に、活動停止や辞任なんてことも最近多いです。

でも、日本の芸能人がそういう噂が原因で自殺したっていうのは、私は伊丹一三ぐらいしか思いつきません。伊丹一三は映画監督になる前に書いていたエッセイが好きで、彼のエッセイは全部持ってました。監督になってからも話題作が多くて好きだったので、自殺はとてもショックでした。ああいう事が原因で自殺する人にはどうしても思えなかったので・・・・・・。

伊丹一三の自殺は、抗議の自殺だったようですが、チェ・ジンシルの自殺も噂と韓国のネット社会に対する強い抗議だったとそう思いたいし、同じような悲しい事件がこれ以上起きない事を祈ります。

チェ・ジンシルの自殺をただ盲目的に同情するだけではなく、そうなってしまった社会的な原因を、ネット社会だけではなく、もっと本質的、客観的に探る、そういう人が沢山出てくればいいな、と思います。

最後に、チェ・ジンシルとの出会いは、アン・ジェウクとの共演だった「星に願いを」でした。とても可愛い女優さんで、ストーリーのベタさと合わせて初めて私がちゃんと見たドラマでした。
離婚後は子供を守って一人で戦っている、見た目よりも強い女性だと思っていました。その彼女が、このような結果となり、本当に残念だし驚いています。
[PR]
by ayamama-de2 | 2008-10-04 17:30 | ひとり言