ソウルの隣で・・・^^

ayamama2.exblog.jp
ブログトップ

「ラブレボリューション」2001、フジTV

「ホタルノヒカリ」で嵌った藤木直人のブレイクドラマ。(らしいー笑)
現?、元、藤木ファンから藤木ドラマを見るなら、まず「ラブレボ」から!!、と強く勧められたので見てみました^^
オープニングがやけに長かったのですが、私が見たのがDVD版だったからでしょうか?
そのオープニングを見るたびに、タキシードとスーツ姿にくらくらしてました(苦笑)

さて、内容ですが、いわゆる、キャリアの30代独身の女医で、身を焦がす恋がしたいと身悶える恭子さん(笑)が、スクープのためには女を平気で利用する政治部記者の須賀君(苦笑)に恋をして、仕事と恋の間で揺れ動く非常にありがちなトレンディードラマです。(って、皆さんとっくにご存知ねー笑)
毎日数話ずつ見ていたのですが、ラスト4,5話は一気見しちゃいました^^

1話のラストで突然キスをする須賀ちゃん(藤木君ね^^;)の目が蛇みたい、と思ったのですが、見ていくうちにだんだん慣れました(苦笑)
29歳当時の藤木君、今から6年前ですけれど、だいぶ落ち着いた感じですが、やっぱり若い(笑)やっぱり「ホタルノヒカリ」の高野ぶちょおに比べたら、まだまだ青いぜって感じでしょうか?(爆)

恭子さん目線でドラマが進んでいくので、婚約まで簡単にしてしまうように見える須賀ちゃんの本心がいまいち分からず、わざと分かりにくくする構成なのかな、と思ったのですが、ワシントンに向かう時の携帯メッセージを聞きながら、恭子さんと一緒に泣いちゃいました。やっぱり恭子さんの事想ってたのね。

それと、11話のラスト、
「君に出会ってからスクープも正義もどうでも良くなってしまった。君から仕事を奪いたくなくて一人でワシントンに行ったのに、その僕に、君から仕事を奪えって言うのか」(雰囲気)
と愛の告白に似たせりふを言ったときの江角マキコの表情の変化がとてもよかったんですけど、カットが変わったらその表情が無くなってしまっていたのがとっても残念。

正直、演技が良いのか悪いのかはちょっと判断しかねたんですけど、ま、毎回のスーツが格好よかったし(爆)、ラストも女性の代わりに男性が仕事を変わるって言う展開が新鮮でかなり面白かったです。
毎回最初にある、恭子さんの人生モノローグがなかなか面白かったですし、台詞も女性の気持ちが現れていて良かったと思います。
私自身も恋は苦しいから嫌い、というタイプなので、もし6年前にこのドラマを見ていたら、もっと嵌ったかもしれないなあ・・・。

放送当時、日本にいたらこのドラマを見たかどうかちょっと不明ですが、ひょんなきっかけではありますが(笑)諸先輩のアドバイスを受けてこのドラマを見て良かったな、と思いました。
勧めてくださった方、ありがとうございましたm(--)m
このドラマの前に放送されていたのがキムタクの「HERO」だったんですね。今年の夏は私一人だけ2001年になっていたようです^^

ただ、「高野ぶちょお」を知ってからの視聴でしたので、大いに堕ちるとか、公式サイトに押しかける、FCに入る、とまではいかないですねえ(笑)
ま、まだまだいろんなドラマに出ているので、「宿命」とか「喪服のランデブー」とか、いろいろを探してみてみようと思っています^^
何しろ、韓国のサイトではドラマに限らずたくさんの映像がアップされてますので・・・・・(^^;)
[PR]
by ayamama-de2 | 2007-09-19 17:48 | ドラマ