ソウルの隣で・・・^^

ayamama2.exblog.jp
ブログトップ

MBC「コーヒープリンス1号館」感想

危うく、リタイヤになりそうだった「コヒプリ」ですが、無事、消化試合になることなく見終わりました。あ、スペシャルは見ていませんが・・・・・・。

このドラマ、確か1話延長になったんですよねえ。
その伸びた分、妄想とイチャイチャが増えたんでしょうか?
ちょっとそこら辺がしつこかったような気がします(苦笑)

ドラマの前半は、ウンチャンが男の子の振り、中盤はハンギョルが男同士でも良いと決意した途端に女だと分かって、裏切られたと喧嘩、最後は、二人が自分の人生と夢との折り合いをつけるという内容でしたね。
恋愛や、結婚したとたんに女は自分の人生を放棄したり、夢をあきらめたり、そういうことが多いですが、このドラマのウンチャンは何とか自分の人生を生きて、自信が持ててから結婚したいと願います。
そして、その思いを受け止めて、何とかかなえてあげたいと思うハンギョル。
こういう親心キャラクターって、最近多いですか?(笑)
ただ、韓国ドラマでは、大体女は男の言う通りという展開が多いような気がするのですが、漫画ドラマっていうこともあってか、女性ががんばるって言うところが見ていて気持ち良かったです。
ハンギョルのこのせりふがなかなか印象深いです。
「自分のせいで人生を放棄してほしくない。君が成長する手助けが出来たら幸いだ」(こんな感じのせりふー^^)

ひたすらイチャイチャしているシーンがしつこかったですけど、なかなか良いドラマだったと思います。
私は面食いなので(大笑い)コンユ君には堕ちませんでしたが、がんばって兵役を終えて、また成長した姿の彼がドラマが見られたらいいな、と思います。

それと、やっぱりイソンギュン。
「白い巨塔」よりもは良かったかな?イチャイチャ振りが板についてましたわ(笑)
[PR]
by ayamama-de2 | 2007-09-13 14:37 | ドラマ