ソウルの隣で・・・^^

ayamama2.exblog.jp
ブログトップ

「赤い運命2005」2005年 TBS

d0003561_1691524.jpg
「赤い運命2005」を見ました。
懐かしいとか、昔を思い出して楽しかった、と言う視点からだったら、かなり楽しく見られたと思います。
ただ、一ドラマとして作品性を考えた場合は、かなり辛口にならざるをえませんねえ。
でも、頂いたコメントを読むと、この作品以外にも赤いシリーズがリメイクされているらしく、その中では一番マシだったということですので、なんでしょう、ちょっと眩暈がします(笑)

1話はひたすら懐かしくて、オリジナルを思い出して面白かったのですが、2話からはストーリー展開がひどくて、船越栄一郎のようにちゃぶ台をひっくり返したくなりました(苦笑)
この脚本家は、たぶんオリジナルのイメージを追いかける構成を狙っていたのではないかと思うのですが、失敗ですね(爆)
かえって、全く新しいドラマを作ると言うつもりで脚本を書いた方が良かったんじゃないでしょうかねえ。はっきり言って、脚本家をぶっ飛ばしたくなりました(爆)

例のごとく、主役の二人の女優については全く分かりません。
新人という一人は、1話では台詞棒読み状態。後半は良くなりましたが、意地悪シーンは学芸会レベルでしたね。
もう一人の本当の主役の彼女は、まあ、がんばっている事は認めよう、と言うレベルでしょうか?
と、ここまで書いて「綾瀬はるか」を調べたら、なんと彼女「雨鱒の川」に出てたのね(大驚愕)この映画見たわよ(爆)今まで全く気がつかなかった(;;)
この映画では、話す事が出来ないという役で、それなりに上手でしたよ。
それに、フィルモグラフィーを読むと、結構沢山の作品に出てる(^^;)
ありゃりゃ(大汗)

それから実は、玉木君の演技についても、相当言いたい事があります(笑)
私、彼の台詞回しが結構気になるんですよね。「のだめ」で初めて見たときも、その台詞回しゆえに演技力を疑いましたので・・・・。
彼は台詞が言い終わった後に、脱力したような息を吐く音が目立つんです。
その台詞の余韻?が気になるんですよ、私。
コメディー演技だったらそんなに目立たないと思うんですけど、今まで見たドラマの中で、この「赤い運命」が一番気になりました。立ち回りも気になったりする(苦笑)
存在感も薄いし(爆)

それに、肌が相当傷ついてましたよね。
確かこのドラマの後がNHKの「氷壁」じゃありませんか?
NZロケで、雪焼けした後なんじゃないかと・・・・。
司法試験生が、あんなに顔色悪く日焼けしてちゃまずいんじゃ(笑)

オーバー榎木孝明とやりすぎ船越英一郎のベテラン演技者の余裕の大映演技に引きずられまいと抵抗するも、ひどい脚本で人物をつかみきれず、最後まで自分の演技が出来なかった若い演技者(笑)最初はもらい大根かと思ったんですけど、自分の演技が出来なかったように見えますね(^^;)

そんな訳で、作品としては演技も含めて辛口になりましたけど、かなり面白く見られたことは確かです。
今の韓ドラに通じるものがありますよね(笑)
[PR]
by ayamama-de2 | 2007-02-05 16:54 | ドラマ