ソウルの隣で・・・^^

ayamama2.exblog.jp
ブログトップ

唐沢版「白い巨塔」との違い

とうとう、唐沢版を見始めてしまいました(笑)
多分、同時進行で韓国版を見た後に確認の為に見ることになると思います。
進み具合が違うので、3話まで見ました。

まず、2話までの唐沢版との違いですが。
*主人公は外科部長の座を狙っている。唐沢版は教授。
*地方の系列病院に出向されそうになる。唐沢版は教授会の諮問。
*主人公の妻は、くれない会の総務。唐沢版では、ほとんどくれない会には参加せず。
*外科部長の妻は、くれない会の副会長の座を下ろされる。唐沢版では副会長。
*医療部院長(医学部長)に土下座。唐沢版は里見に土下座。
このように、微妙に変わっています。

それから2話まで見て、唐沢版と比較すると、
全体的に、唐沢版のほうが登場人物が毒々しいです。
唐沢氏の方が、ずっと権力に対する執着を感じるし、人物設定がはっきり判るような気がしますね。
キムミョンミンは、大人し過ぎるように思えますし、イソンギュンは弱すぎ。
主人公の義父ももっと影からアドヴァイスしないと・・・。今まではほとんど出番ないです。お金をやっただけ。
これって韓国らしいんでしょうかねえ?(笑)

内容は同じですし、面白いところも多いのですが、どうも今までは迫力不足って感じです。
ベテラン二人(外科部長と医療部院長)のタヌキ演技は凄いですけど、若者?にもっとがんばってもらわないと・・・・・(笑)
ま、始まったばかりですし、来週からチャインピョも出てきますから、きっとこれから韓国らしさが出てくるんじゃないかと期待してます^^

あ、唐沢版では病理学科の教授と里見って関わりありますか?
韓国版では、イソンギュンが不正?について相談してキムミョンミンの事をチクッてるんですけど・・・^^
[PR]
by ayamama-de2 | 2007-01-09 16:10 | ドラマ