ソウルの隣で・・・^^

ayamama2.exblog.jp
ブログトップ

MBC「白い巨塔」1話

「白い巨塔」の1話見ました^^

私は唐沢版の1話だけネットで見たのですが、同じに進んでいました(笑)
でも、あの、手術をイメージリングして手を動かすシーンとか、○○教授の回診ですと大げさなアナウンスが無い分、日本版よりも抑えた構成になってるかもしれませんねえ。

それに、日本の原作を忠実に再現しようとしている所為か、韓国色がほとんど見えなくて、日本のドラマを見ているのかと思ってしまいました(笑)
韓国色と言うのは、当然、感情の激高シーンです(爆)

例えば、キムミョンミン@財前が、東と鵜飼の会話の内容を花森ケイ子から聞いて(直接のこのシーンは無し)選んでいたワインを落とすんですね。
こういう、遠まわしの演出って言うのに正直、驚きました。
もっと直接的な怒りや失望のシーンがあるかと思っていたので・・・・。

ですから当然、俳優の演技も、抑えて演技していますので正直、驚いているんです。



と言うのはですねえ、実は私、最近日本のドラマを続けて見たので、日本と韓国の俳優の演技について、ちょっと考えちゃったんですよね。

韓国のドラマは、具体的に感情を表現するシーンが多いです。
それに、国民性的に激高しやすいですから当然、ドラマもそんなシーンのオンパレード。
おまけに、感情をそのまま分かりやすく演じるっていうタイプの演出が多いです。
驚き、悲しみ、苦悩、それをそのまま顔の表情、手の表情、目の表情を使って表します。
見ている方からしたら、こんなに親切な演出は無いですよね。
その時の感情を手にとるように分かりやすく表現していますから、伝わってくるものをそのまま受け取ればいいんです。

ところが、日本人はそんなに感情を豊かに表現する国民じゃありません。
だから当然、ドラマでも台詞と表情以外に感情を具体的に演じると言う事は余りないような気がします。
台詞と感情が同じではない事もあります。
だから、日本のドラマは行間を読むと言うか、演じる側にも見ている側にもプラスアルファが必要かと思ったりします。あ、これはあくまでも私の考えですけど・・・・。

私が驚いたのは「氷壁」での玉木君の演技です。
裁判で美耶子が北沢との関係を陳述しているのを奥寺が見つめているシーンがあるんですけど、ただ、美耶子を見つめてるだけなのですが上手いんですよ。それを見て、あ、こういう演技の出来る人なんだ、と感心しました。

そう思った時に、分かりやすく演じるから韓国の俳優が演技力があるように思いがちですが、そうじゃない、と考える事も出来るかと・・・・・。

で、「白い巨塔」は日本の原作です。
感情の動きなども、日本人をベースにしていると思われます。
だから、韓国のドラマだったら、こういう場合はこうなると言うセオリーがありますよね。
医者の説明に納得できない患者が怒り出す、退院すると大騒ぎする、家族が問い詰める、大声で怒鳴る、そういうシーンが無いんですよ。ま、この後出てくるかもしれませんが、1話を見る限り、本当に韓国語をしゃべる日本の俳優が演じるドラマを見ているようでした。

キムミョンミンはやはり上手いですね。それに、イソンギュンが良いです。
今はまだ、キムミョンミンがそんなに野心家と言う感じは出ていません。自信家には見えますけど。
それと、イソンギュンは患者の取り扱いについての苦悩が良く出ています。これは江口洋介よりも上手いかも(笑)

最初はちょっと不安だったんです。日本原作と言ってもやっぱりウリナラ演出になるのかなと。でも、1話を見た限りでは結構期待できるようです。
それが良い事なのか、悪い事なのか分かりませんが(笑)
それに、私このドラマの内容、ほとんど覚えていませんのでこの先をわくわくしながら見たいと思います^^

あ、そうそう、一つだけ気になったこと。
BGMが「復活」と同じ(苦笑)そんな場面でミンチョルパパが出ていたら別の事考えちゃうわ。あの曲は使わないで欲しい(;;)
過剰なBGMや歌が使われるのかどうかが次の問題かな?
[PR]
by ayamama-de2 | 2007-01-07 15:13 | ドラマ