ソウルの隣で・・・^^

ayamama2.exblog.jp
ブログトップ

NHK「氷壁」

d0003561_0134018.jpg
原案 井上靖
製作 NHK
放送 2006年 1月14日~2月25日
NHK「氷壁」HP


このドラマの番宣、私見てました。
こちらで見ているNHKワールドでも放送されていたんです。
それで、見ようと思ったのですが、ヘタレなので挫折(笑)
「氷壁」は2回目にドラマ化された時話題になっていたのを覚えていて、何度も映画化、ドラマ化されている名作らしいし、いつかは見ようと思いながらもきっかけが無くて、なかなか見られなかった、私の中の「いつかは見ようリスト」に入っていた作品なんです(笑)

それで、今回「のだめ」で知った玉木君が出ていると言う事だし、こちらでもサイトにアップされていたので見始めました。



それで、たった今見終わりました。
最後まで、息をつかせぬドラマだったとは思います、が・・・・・。

4.5話までは、非常に凄いドラマだと思ったんです。
韓国ドラマでは味わえないような、非常に日本的というか、昭和的な妥協を許さず、それでいて身を引くべき所をわきまえていると言うか・・・・・。
特に裁判にまで発展したカラビナの故障という発言に対する奥寺の意地にも似た行動は、人間は自分の信念をどこまで貫くべきなのか、周りの人々への配慮はいらないのか、などと人の生き方を考えたり、登山家という、自分と山だけの世界と、現実の地上の世界の中の軋轢などを思い、奥寺の崇高な山と親友に対する精神(ちょっとオーバー)が、下界では通用しないと言う、世間の荒波を感じたり、なかなか奥深いドラマだと思っていました。
男は「自分に嘘をつきたくない」と言い、女は「私は嘘をつくのも騙すのも平気」と言うあたり、なかなか味があると思っていたのですが・・・・・・。

ところが奥寺が美那子に惹かれ、美那子までが奥寺を愛し始めたところから、あら?と思い始め、カラビナが事故の原因で無いと裁判で証明されたあたりから、私の予想が崩れ始めました。
原作を読んでませんけど、確かザイルの切断事故を世間に告発するストーリーじゃなかったの?
あっちにもこっちにも良い顔しすぎて、結局何が言いたいのか分からなくなってしまったドラマのように感じてしまいますねえ。
山岳ドラマなのか、社会ドラマなのか、メロドラマなのか、はたまた男同士の友情ドラマなのか、事故ではなく自殺だったと言うくだりでは、完全に破綻してましたね、このドラマ(苦笑)
確かに、事故が起きて、片方がぶら下がったらザイルを切る、と言う約束でしたから、その可能性を全く忘れてみていた私も私なのですが・・・・・。
で、ラストシーンで呆然。こ、これって何?私てっきり奥寺は事故死すると思っていたので、もちろん登頂に成功するのかは分かりませんけど、このすっきりしないラストは何?とちょっと怒り気味(^^;)
こりゃ、原作を読まないと収まりがつかないかも(笑)


でもね、私の考えていた井上靖の原作だと思わなければ、それはそれで良いドラマだったかも、と思いました。玉木君の演技は非常に良かったですし、全く千秋には見えませんでした。
最後まで、どきどきしながら見られましたし、兎に角内容が濃いので、1話を見て、続けて次を見る事が出来なかったんです。少しインターバルを置いて、気持ちを落ち着けないと次を見られないほどの出来でした。
久しぶりに見た武田真治も良かったですよ、すっかり大人ですねえ(笑)でも、がりがり(^^;)
出演陣の演技が皆素晴らしいので、それを見るだけでもめっけものか、とも思います。
ちょっと検索してみたら、本来は10話完結の予定だったそうですね。
でも、いろいろとあって、結局全6話になったとか。
そういう面でも、かなり残念。
当初の10話完結で製作されたら、きっとまた、別のものになったのではないかと思います。
それと、音楽も良かったです。あのテーマ曲、崇高な感じが良く出ていました。


あ、私のつぼは、腰をかがめながらのキスシーンでしょうか?(笑)
これを見て、玉木宏という人が役者だという事が分かりました。
ドラマに出ても、映画に出ても、役者じゃなくてアイドルって言う人もいますから^^
どんな役をやっても、その人にしか見えないアイドルさんと違って、玉木君は役者なんですね。私は日本の俳優で、別のドラマや映画を見たいと思える人がいなかったのですが、玉木君はちょっと見たいな、と思いました。
次は「トップキャスター」かなあ?(笑)

追加
ここまでは見終わった直後に勢いで書いた感想です。
その後、いろいろと考えたのですが、このドラマ「山男同士の男の友情ドラマ」と最初から定義したら、結構きちんとしたドラマかも、と思いました。
どうも私は、原作のあらすじを念頭においておいたので辛口の感想になってしまいましたが、友情ドラマだとしたら、北沢が奥寺を助けた事、その後の奥寺の心痛、K2へ登るに当たっての約束、北沢の名誉を守る事、北沢の愛した美那子を愛する事への苦しみと喜びと現実、そして北沢の本心を知り、北沢を想いK2に北沢と共に登ると言うラストと思えば、全然OKなんじゃないかと、そう思いました。
ご覧になった方はどういう感想なんでしょうか?
[PR]
by ayamama-de2 | 2006-12-30 16:57 | ドラマ