ソウルの隣で・・・^^

ayamama2.exblog.jp
ブログトップ

「ミスターグッバイ」7話

やっぱりこのドラマは面白いわよ^^



あの、女医さんの発言ですけど、ヒョンソはその事知らないんでしょ?アルバイトで病院の実験?が関係あるのかしら??

朝っぱらからラブコールするヨンイン。
「Good morning your baby ボクチャ speaking How may I help you ?」
ところが女医さんの声が....(笑)

怪しがるヨンインは、気を取り直して出た電話に
「あなた~!」すっかり新婚気分でしょうか?(笑)
カイルはヨンインがヒョンソと間違った事、分かったよねぇ。

下宿代を出せという女医。
「お金以外ね」
「お金しか持ってるものが無くて....」
ユンとふざけるヒョンソを見て、女医は複雑な心境だよね~。
ユンに事実を話せというヒョンソに、
「本当のことを言うべきなのかしら?」
違う事を考えている二人(苦笑)

カイルはこの間のボタンのお客さんがヨンインに渡して欲しいといったプレゼントを持ってきて、ホテルに戻るように説得。
「ヨンインさん、あなたはもう、専務の落下傘じゃありません。私があなたの上司で、責任は全部私にあります。専務も落下傘じゃないといっています」

で、カイルの事、チップ様って呼んでるんですけど、これってもしかしてチーフの事?(笑)
 
警備係が盗撮した秘書の行動を見るヒョンソ。
そこには総支配人の姿が....。
カイルの爆弾宣言。
「ヨンインさんに個人的にも関心があります。専務には一緒に住んでいる人がいるじゃありませんか。欲しいものをすべて手に入れる事は出来ません。態度をハッキリさせてください。ヨンインさんはホテルの仕事をしたがっています。」
オオ~、けんか売ってるよ(笑)

オ秘書に総支配人の事をさりげなく聞くヒョンソ(笑)

おお~、キョン班長~。OO7みたいだわ~(笑)
部屋の捜索失敗。怪しい二人。

不機嫌なヨンインに会いに来たヒョンソ。
惚れた弱みで車に乗るヨンイン(可愛い)
「ちょっと出かけてきますのちょっとは何分だ」
「30分?」
「主人の事を考えたら15分だな。お前の疑惑を解いて、食事して、洗車する、15分で」
か、カッコいい(笑)

で、自動洗車機の中でハンバーガーですか(笑)
女医の事を話すヒョンソ。
「離婚してるの?じゃ、シングルじゃない。私より綺麗?」
「たぶん」
「じゃ、私、緊張しないといけないのかしら?」
「スジンじゃなくとも、お前はずっと緊張していないとだめだ」(笑)
「聞かなきゃ良かったわ。ウソ付いてくれた方が良かった。ホテルの事はチーフに一任したから」
「電話したのか?会ったのか?」ヤキモチ焼いてます(^^)
「ねぇ、出る前に、もう一つ出来ることがあるんじゃない?」積極的だなあ~。
「この間別の男と別れたばかりなのに、男じゃあるまいし女が。お前はいつも冗談のようにしているが、俺には真実に聞こえるんだ。」
「だから、止めろ。分かったな」嬉しいヨンイン^^
「ねぇ、今度はここじゃなくて、もうちょっと長いところに行こう」オイオイ(^^;)
「だから、好きなのは分かるから、誤解、嫉妬、疑心、そういうのはするな。浪費だ。疑問があったら聞け。変に遠まわしに言うな。いつでもどこでも、簡単に自尊心を傷つけるな。一人で気をもむな、分かったか?」
「あ、それから、ホテルにまた出て来い。人に任せないで、最後まで自分で責任を取れ」

自分がホテルを辞めるから、ホテルに出て来いと言う父。
父を責めるヨンイン。

自分がこのホテルに来た理由を捜すヒョンソ。

幼稚園でアッパをスパイダーマンに書いていじめられ、幼稚園から帰らないユン。
なぜかヒョンソのホテルへ。
そしてホテルは大騒ぎ。
「僕と一緒に住んでいる、ユンヒョンソに会いに来たんだ」!!
何でひよこ飼ってるのに、チキン食べれれるんだろうね(笑)
「僕のお父さん、スパイダーマンなのかな?」
「お母さんが可哀想で、僕からそんなこと聞けないよ」
ユン、大人だ(笑)

ホテルでの事を落下傘(笑)にちくるフロントマネージャー。
「専務と同じだったら...、可愛いだろうな」結構気にしているようで、気にしていないようで...(笑)

カイルの電話で、ホテルに花を持ってこさせられたヨンイン。
女医(スジン)と話している姿を見ちゃったねぇ~。

「あなたが、大変になるかもしれない。あなたに悪いわ」スジン、何考えてるんでしょう?

この間の事は、全部自分の責任だと、常務は自分をかばっているんだという父。
そう言うながら泥酔(苦笑)
「私が辞表を出すべきでしょうか?」

ホテルに戻って来いと話すカイル。
 
おお~、自宅のアパート前で鉢合わせする3人。

「チーフ、先にお帰り下さい。」嬉しそうなヒョンソ(笑)
「専務も、お帰り下さい」ガックリ(爆)
「どこに行くんだ、俺が見えないのか?洗車に行こう、ポクチャや。おまえの好きな、時間が長いところに行こう」(笑)


また、いい所で終わる(笑)
そして、予告がツボなんだなあ、これが(苦笑)
[PR]
by ayamama-de2 | 2006-06-23 11:20