ソウルの隣で・・・^^

ayamama2.exblog.jp
ブログトップ

「ミスターグッドバイ」6話

6話、アンジェウク集中編集映像(苦笑)

さすが元祖韓流スターアンジェウク。
いろんなHPがあるようで、そこからの映像も多いです。
でも、流石の私も、まだファンカフェには加入してないよ(笑)



俺の前から消えるな!
アンジェウクってこんなにカッコよかったっけ?と思いながら見ております(笑)
最初から、公園のシーンまでは、とても台詞が面白いです。
訳すのはちょっと長いのでしませんが、とにかくツボです^^

「どこだ、今?」ここの声がとっても素敵^^
で、公園での会話なのですが、ポイントはここです。
지지고 복자(チジゴポクチャ)以下、台詞から
「지지고 복자って言うの、どうやるんだ」
「そ、それは、フライパンに油を入れて....。それって、付き合うって言うのと同じ意味なんだけど」
「分かった。OK.それ、やってみよう」
「!!」
と言う事で、付き合うことになった二人(大笑い)
それと、ツボがもう一つ。
「写真はもういらないだろう。明日から、ホテルに出て来い。辞表は処理しなかった。落下傘は自分の自由で辞められないんだ。無条件、出て来い。俺の前から消えるな!じゃあな」
ホエ~~、かっこいいっす~!!ツボ、ツボ。

CCTV解析の結果、ヒョンソの秘書、オ秘書のしわざと分かる。オ秘書はパク専務の下で以前働いていたと言う。

ところで、この女医さん。体柔らかいわ~。息子のユン君はヒョンソのベッドでネンネだしねぇ(笑)
ホテル内では、ヨンインは辞表を出したという事になっているが、責任は最後まで持つと言うヒョンソ。
そして、総支配人とキョン班長(笑)に会う。「自宅と同じ様に過ごして欲しい」と、ちょっと意味深。

カイルが朝の水泳をしている所に、そう支配人がやって来て
「君は凄い父親を持っているんだなあ、あ、持っていた、かな?」
とカイルの身の上を知る。
これってつまり、ニッコーホテルの元会長の事だよねぇ。

さて、ヨンインは出社せず。花屋の働く事に(笑)

ポクチャヤ~
ヒョンソは事務室に盗聴マイクがあることを気にしながら、パク専務の準備した会食に出席すると答え、ヨンインに電話!!
「ポクチャか?」(大爆笑)
「ポクチャ、俺だ。最近は九九段はしないのか?ポクチャ、なぜ出社しない」
「私、就職したのよ」
「お、お前!!」ここもツボです^^

パク専務の準備した会食後の2次会のカラオケで、二人の不正を知っている事をそれとなく伝えるヒョンソ。また、不正の件を内緒で処理してほしいと言うパク専務に、「自分は自分の仕事をするだけです」と、断る。
それから、お酒は二杯だけ(笑)

キョン班長(笑)が買った女が財布や時計などを盗むついでに、おかしな物を持ち出す。
逃げようとする女を責めるキョン班長(笑)から、カイルが女を救うと、女はカイルに例のおかしな物を返す。そのおかしな物とは、録音テープ。

あ、汚い
とうとうヨンインを見つけるヒョンソが、花の配達を依頼。
「常務の落下傘だと、皆知っているのに、ろくに仕事もせずに辞められたら、俺の立場はどうなる。俺の事はどうでもいいのか?」
「考えてるわよ。でも、私の方が(あなたが私のことを好きだというよりも)ずっと好きだから」
「損した」
「同じじゃないと、みんな損なの?」
「飯を一緒に食おう」
「何を食べようかしら?辛いのがいいわ」
「俺は辛いのはだめだ」
「じゃ、辛くしないで食べればいいじゃない。」
「それじゃ、何のために辛い物を食べるんだ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
結局、ヨンインは辛いビビンネンミョン。ヒョンソはミズネンミョン。
梨がスープに入っているのはおかしいと言うヒョンソは、梨がコチュジャンに入っているのも変だ言う(笑)
ところで、豚が井戸に落ちるっていう映画あります?(苦笑)
「これ、それぞれが食べた後にキスするって言うのはどう?あ、しようって言うんじゃなくて想像よ、想像。私が損するかしら?」
「俺が水ネンミョンで、お前がビビンネンミョンだったら、損するのは俺のほうだろう」
「あ、想像できたのね」
「あ、汚い」
この二人の会話は面白いです^^
でも、この後のシーンは台本に無いわ。
d0003561_15403195.jpg

「後姿が可愛いのよね」同感(笑)

カイルがヒョンソにヨンインの復職させたいと、コンソルジュとして立派に育てたいと言う。
実は台本にあって、放送に無いシーンがありまして、外でホテルを見ているヨンインを、カイルが追いかけて話すシーンがあります。その時、カイルはヨンインは、ホテルに戻りたいけれど、落下傘という事が障害になって、ホテルに出てこないと思うんです。
エレベーターの中でヒョンソの言葉。
「愛情とムチ?」

カイルが女から貰ったテープを家で再生すると、ヒョンソの事務所の盗聴テープであった。

ヨンインオンマは元夫にアパートから出て行くように、出て行かないと復讐する事を宣言(苦笑)

女医さんは脳死患者?からの心臓摘出手術の為に、ヒョンソにユンを迎えに行くように頼む。
ユンは結構ヒョンソが気に入ってるよね。
ところで、手術のシーンの音楽は「復活」で使われてました(爆)
アンピソもいるし(大笑い)

さて、ラストシーンです。
ここは訳します。
女医(スジン)の告白
「オンマは、ユンさえいれば良いと思っていたの。ユンさえいれば、私達は何もうらやむ事は無いと思っていたの。でも、オンマの欲だったのかしら?オンマはユンの気持ちも考えなくて、オンマの気持ちだけ考えていたのか、と思うわ、時々。
ユンはアッパが好きなのに。もう、アッパを見つけちゃったのに....。
アッパは、アッパはどうなのかしら?」

あらま、やっぱりユンのお父さんはヒョンソなのかしら??
[PR]
by ayamama-de2 | 2006-06-07 11:19