ソウルの隣で・・・^^

ayamama2.exblog.jp
ブログトップ

ひとり言です(笑)

外国に住んでいると、日本に住んでいた時とは違う目で日本を見られる所為か、はたまた、政府とマスコミが反日の国に住んでいる所為か(笑)、とても日本が慕わしいですよね。

いかにも日本だなあ、と思ったのは、NHKの「日本の宝」と言う番組で、「廊下の雑巾がけ」の話題が出た時でした。どこの県だか忘れちゃったんですけど、元学校の校舎で、今は博物館になっている建物の長い廊下を、そこを訪れた若者が雑巾がけをしたのをきっかけに、今では記録に挑戦する人が増えているという物でした。
最近は校舎も鉄筋の物がほとんどでしょうから、木造の廊下の雑巾がけなんてしていないでしょうが、古きよき昭和の思い出って言う感じで、とても見ていて嬉しかったんです。
同じ回で「姫路城」を自分の庭に作っているおじさんも出てましたね。
日本人はこんな人善良な人たちなのに、どうして日本が韓国を侵略しようとしているなんて妄想が出てくるのか、本当に分かりません。ま、平和ボケという言い方もありますがね(笑)

でも、一般の韓国の方たちは、どちらかというと、日本人が好きです。なぜなら、日本人はきちんとしているから...。ゴミを出す時は決まった方法で出すし、会ったら挨拶をするし、ゴミを道に捨てないし.....。初めてあった人、例えば、この間新しい洗濯機を運んで来た人も、私が日本人だと知ると、自分の親戚は大阪にいるんだ。と、嬉しそうに話していました。日本にいる親戚の話をする人は非常に多いです。または、昔日本に行った事がある、とか.....。

この国に来て、私が住んでいると知った韓国人のほとんどが、「日本の方が、ずっと住み易いのに、なんで韓国に住んでいるんだ。日本はとてもきれいだし、この国よりもずっと進んでいるし....」と、見事に同じ事を言います。
一時期、一部の一般の人たちにも、険悪なムードが広がりましたが、この国の政府とマスコミが、国民の気持ちを代弁している訳ではありません。
というか、政府とマスコミだけがうるさく反日しているといった方が正しいでしょうね。
そんな日本のことよりも、現実的な国内の問題の方が深刻ですから.....。

NHKの金曜時代劇、たまに見てるんです。
今「慶次郎、縁側日記2」やってますよね。日本人の義理と人情が泣けます。
韓国のドラマは面白いんですけど、私が最初に違和感があったのが、感情が出すぎることだったんです。最近は慣れましたが.....(笑)
すぐに怒りや不満を言葉で表現や態度で表すのも、好きではありませんでした。

実はこの国に来て、韓国語でのコミュニケーションにとても違和感があったのは、「けんか腰に話す」という物でした。私が話す韓国人は、ほとんどがオットですから、いつもは温厚な彼ですが、何か気に入らない事があったときに普通の言葉も「けんか腰」になるので、相手がそう出れば、こちらも「けんか腰」にならざるを得ません。
おまけに子育てでイライラしてますから、本当に険悪ムードでした(苦笑)

で、そんな国に住んでいますので、日本的な情緒だとか、日本的な美だとか、そういうものがとても懐かしいです。

先日ケーブル局で日本映画をやっていました。血だらけの中井貴一が、見事な青森弁岩手弁を話し、殿様?に自決を言い渡されて、白いおにぎりを見ながら、泣いているんです。
おまけに私の好きな佐藤浩市が出ている!。
こっちの題名は「바람의 검, 신선조 」て言うんですけど、さっぱり分らないんですよ。
ネットで調べたら、신선조 って、新撰組なのね(笑)
最初から見たいので、また、放送されるのを待っているところです(苦笑)この期に及んで、まだレンタル屋に行かない私って......(大爆)

私は実はあんまり日本映画は好きじゃないんですよ。画面が暗いので....。
でも、おお泣きしない、悪態つかない、自分の運命を静かに受け入れる、そんな日本的なものはとても好きです。

そうそう、中井貴一と佐藤浩市で、「亡国のイージス」見たいです。こちらじゃ、「極右映画」扱いなので、見られないでしょうけど(笑)旧ソ連がOO7映画を非難したっていう話は聞いたことが無いし、娯楽なんだから関係ないじゃないねえ~。

という事で、全くまとまりませんでしたが、ひとり言でした。
そうそう、私教保文庫に李登輝氏の「武士道」注文しちゃいました(笑)
私、右翼化してるかしら?(大笑い)
[PR]
by ayamama-de2 | 2005-10-24 12:31 | ひとり言